2017.Mar. 26

女性のお客様から油圧ブレーキの相談をいただいたり、男性のお客様でもハンドルセッティングのお話したりすると「長いブレーキングが疲れる」「レバーが遠い」「握力が足りない」等で悩んでいる方がいらっしゃいます。また先日、ロングライドイベントの下り区間でブレーキの操作ミスか不足により起きたと思われる事故が報道されました。

油圧のディスクブレーキや上級グレードのキャリパー、電動変速による体力の温存など便利な物も多いですが

ブレーキ操作による疲れは、セッティングで解決できる場合もあります。答えは「ブレーキレバーの引きしろをなるべく広くセットする」です。スタッフのバイクを見てみましょう。

IMG_3513 IMG_3507 

オーソドックスな握り。

IMG_3509 IMG_3512

自転車歴は少し浅いですが、その分お手本通りのセッティング。

IMG_3515 IMG_3516

引きしろはギリギリまで広げています。最後に強くかかれば良し。

どちらの手指の状態の方がより強くはさむ・握ることができますか?握力というのは文字通り「握る」事で発揮できる力ですから、左の状態では指先のクリックする程度の力しか発揮できません。


2017.Feb. 23

春一番も吹いて、本格的に乗りたい季節になってきました。

サイクリングに、レースに、

冬の間の努力の成果を確かめたい方

久しぶりのペダリングを楽しみに待っていた方など様でしょうが

自転車の準備を今一度確認!

 IMG_3107 IMG_3108

ピカピカに洗車したら気持ちいいですよ。

IMGP2671 dsc_0021

ペダル・クランク・ヘッドなど回転部分はスムースですか?

imgp2614 dsc_0160 dsc_0161

ゴムや樹脂で出来た部分は時間とともに劣化します。

見逃しがちな割に、意外と性能に影響の大きい部分です。

dsc_0159 IMG_3095

頑張る人ほど後回しにしがちなチェーンやタイヤ。

イベントが近づいてくるのもいい機会です。

オーバーホールでも、アラカルトでもご相談ください。

そうそう、イベント参加の場合は車検が義務化されている場合があります。

こちらもお気軽にご依頼ください。


2017.Feb. 14

IMG_3007

今のサドルには満足していますか?もう我慢して座ることはないのです。

サドルにまつわるお悩みは、私たちにお任せください!

体と自転車を繋ぐ部品はハンドルバー、ペダル、シューズなど複数ありますが、

その中でも悩まれている方が特に多いサドルについて、ボディージオメトリーフィットの観点からシンプルな考え方のご案内です。

まず、少し整理してみましょう。

痛みやシビレはどこ?

お尻のお肉、お尻の骨、尿道の付近、膝の周辺、母指球、首、肩、手・・・とさまざま。

今回は、サドルに触れている体の部分にフォーカスすると、ストレスの主役は「お尻のお肉、お尻の骨、尿道の周辺」となってきます。

たくさんのサドルにまつわる相談を受ける中、ストレスなく快適にロングライドを楽しんでいる方は下の3つのチェックを第3者から受けています。

①体のスケールにあったサドル幅を選択している

②ライディングフォームやフィジカルのアドバイスを受けたことがある

③定量的な調整(フィッティング)を受けたことがある

一つもチェックを受けたことが無い方は、高い割合でサドル周りのストレスを改善できる可能性があります。

さらに、足回りやクリート、ハンドル周りと全身のストレスを改善したい場合は、ボディージオメトリーフィットのメニューがおすすめ。

サドル

「同じモデルでも幅のバリエーションが多彩!」

IMG_2872

「ボディージオメトリーフィットの最中」

ボディージオメトリーフィットについては無料で相談を行っています。

まずは、気軽にご相談ください。サドルをもう一度選びなおしてみませんか?

ライディングに合わせて、サドルの形状を変える事も可能です。好きなブランド、好きなモデルを選ぶのはとても面白いです。

サドルの取り付け・調整工賃¥1000~

住 所    〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号              045-716-9328

FAX                     045-716-9329

営業時間              11:00~20:00

定休日                  毎週水曜日、木曜日

※祝祭日は営業致します。


2017.Feb. 12

20000km近く使ってほったらかしだった私物のペダル。

慌ててグリスアップです。

シマノはホイールと同じく、ペダルもグリスアップができる構造です。

そもそも耐久性は高い構造なのですが、

「出来る」ということは、状況によっては「しなければならない」場合もありますので要注意。

IMGP2670

これを

IMGP2671

こうして

IMGP2675

ここにメインのベアリングが入っています。デュラエースは玉当たり調整が可能(必要)です。

万が一、損傷や摩耗が出てしまっても交換可能ではありますが、その前にグリスアップしたいですね。

IMGP2673

この奥にもベアリングがあります。交換可能ですが今回は省略。

IMGP2676 IMGP2677 IMGP2678 IMGP2679

旧型や下位グレードでもグリスアップは出来ます。

未だに7800ペダルも6600ペダルも持っていて、コンディションは保っています。

乗ってないだけ?いいえ、メンテナンスのおかげですよ!


2017.Feb. 10

TEAM SKYと共同開発を行い、誕生したHYDRO DYNAMIC。もう使っている方も多いのではないでしょうか?

IMGP2730 IMGP2728

なんとツール・ド・フランス総合優勝記念パッケージが登場しました!右上のジャージが眩しい、、、

このオイルの特徴としては航空宇宙品質ベースの油潤滑など最高級の材料を効果的にブレンドし、全天候型で高耐水性、悪条件の中でも最低の摩擦係数を誇ります。何と、デュラエースチェーン純正オイルより27%の効率化で駆動抵抗が少なくなり-7wも削減できます!オイルを変えても感じ取れないんじゃないの?と半信半疑で使用してましたが、かなーりこのオイルは良いです!!

乗り始めですぐペダリングの軽さを感じ200kmを超える練習でも最後までオイル切れを感じることなく走り切れました。ツール・ド・フランスの為に開発されたオイルですので250㎞を越える雨レースでも大丈夫!笑)実際に走っていませんが…

普段使いだと、400km~500km程フィーリング良く、滑らかな変速や回転音でした。週末だけのライドの頻度であれば、2週間から1か月ごとに注油をするようになります。注意点として、オイル含有のナノ成分をチェーンピンの奥まで浸透させるため、乗車3~4時間前までの注油が理想です。ライド直前に注油してしまうと、乗り味が抵抗が感じられるのと、オイル自身が飛び散る原因にもなりますので気を付けたいですね。

IMGP2729

UVLEDライト(付属品)によりオイルの定着をチェックできる親切パッケージもユニークですね。

Muc-off HYDRO DYNAMIC  ¥2950-(税別)

昨年大幅値下げがされて、お求めやすくなりました。注油しただけで-7w削減するオイルって魅力的ですね!


2017.Jan. 31

バイシクルクラブ3月号はご覧になりましたか?

楕円ギアとは、どう使うか、どんなメリットがあるか、

あらためて巻頭特集が組まれていますね。

IMG_0070IMG_0071

当店でも多くのお客様にお使いいただいているのは、ROTOR Q-Rings。

IMG_0048

その効果は誌面でも言われる通り

3

力の入れやすいところで大きな(重い)歯数に

力が入れにくいところでは小さな(軽い)歯数に変化することで

より疲れにくく・より効率的にペダリングを行うことができます。

4

表の灰色部分MIN(小さい部分)の力でMAX(大きい部分)の速さが出せる。

少し乱暴に言えば「速くなる」より「楽になる」アイテムといえます。

「輿馬を仮る者は足を労せずして千里を致す」

淮南子の言葉がまさかスペインから実現されるとは!

距離や時間を伸ばしたい方にこそオススメしていきたいですね。

IMG_0057IMG_0058

切削加工に自信を持つROTOR、アウターリングの変速ポイントの作りも丁寧です。

IMG_0053

フロントディレイラーとの間隔はいかんともしがたいので

チェーンキャッチャーの併用はおススメです。

個人的にはリアカセットを25T以下にしておくのも良いと思います。

rotor 1rotor 2

まだ試したことのない方は一度ご相談ください。

今ならお試しキャンペーンもありますよ?


2017.Jan. 12

dsc_0037

TIMEのVXSのオーバーホールを承りました。

dsc_0039 dsc_0038 dsc_0040

ガッツリ乗ったと思われる痕跡と、少し乗れない期間を思わせるコンディション。

もちろん洗車・パーツ洗浄はオーバーホールの第一歩です。

imgp2617  imgp2616  imgp2636

さすがレコード、磨くのが楽しくなる一品です。

imgp2614 imgp2613

エルゴレバーのフードは握りやすさを保つためにもこまめな交換がオススメ。

レバー部品には大きな傷みはありませんでした。

imgp2631 imgp2633

ベアリング単体の写真を忘れていますが、

TIMEのヘッド機構、クイックセットはヘッドパーツとしての構造は堅牢ですが、

ベアリングのボールが小さく、僅かな傷みでもハンドリングに出てしまいます。

imgp2634 dsc_0036

BBやホイールのベアリングはしっかりと組まれていてまだ使ってもらえるコンディションでした。

それにしても、カーボンの編み目を見ているだけで、1日過ごせそうな素敵なバイクでした。