2017.Oct. 11

雨の日のライドやロングライドで疲れた時・継続的にブレーキを使う下り坂でのブレーキングに不安を感じたことはないでしょうか?今回、そんな悩みを抱えた方のロードバイクを油圧ディスクブレーキ化にする作業を行いました。

IMG_4403

こちらのPINARELLO  MERCURIO  DISCを油圧ディスクブレーキにアップグレードしました。

機械式ディスクブレーキからの改造となると、流用できるパーツも多く改造が比較的行いやすいのでオススメです。油圧に改造するときに必要なパーツを具体的にまとめてみました。

ブレーキキャリパー前後、ブレーキレバー前後、ローター前後(流用できましたが、アルテグラに揃えました)です。これらのパーツの交換でOKなんです。

また、今回のお客様はアルテグラでアップグレードを決めてもらえたので、カセット、FD、RDが必要になりました。なんと言っても油圧ディスクブレーキは少ない力でしっかりブレーキが効きます!

IMG_4406

今回の仕様は、ULTEGRA  R8000シリーズでのオーダーとなりました。油圧システムに豊富なギアバリエーションより、どのような目的地でも一緒に走れる相棒になってくれそうです。

IMG_4408

油圧ブレーキの利点としては、文頭で紹介した少ない力でもよく効くこと、雨の中でのライドでもとてもよく効くこと、メンテナンスの頻度も軽減できます。

ブレーキングでお悩みの方や不安を抱いてる方、ぜひご相談ください。

これからはディスクブレーキの時代ですよ~!


2017.Aug. 13

IMGP3156

トライアスロンのシーズンも後半戦、夏休みの間は一休みして後半戦の準備の時期に最適です。

もうすでに定番ブレーキになりつつある、エアロ効果を十分に発揮でき、制動力が高く安心の油圧ブレーキのシステムMAGRA RT6TTシリーズですが、動きの渋さにお困りの方がおおいです。特にフロント側です!左右のブレーキのてっぺんに輪ゴムを巻き付け強制的に戻るように加工したりと、皆さんDIYを駆使して使用しています。

滑らかな動きに限りなく戻せますので、お困りの方ご相談ください。

IMGP3109IMGP3111

動きを悪くする原因は、汗、砂や粉塵、食事の食べかす等々…こんな場合はこまめな清掃と注油で本体の開閉の滑らかさを維持できます。何を使えばよいかはご相談ください。

もう一つ、動きを悪くする原因として、決戦ホイールと練習ホイールを使い分けている方…多いと思います。エアロホイールと昔使用していたアルミリムホイールでは、リムの外幅が違います。年々ギャップも大きくなりつつあるのですが、レバーの調整のネジを使いレバータッチを調整します。油圧ピストンが常時出っ張ることになり、デリケートな部分が露出して、いずれ動きの悪さを出してしまいます。パッドの辺り調整は専用のワッシャーを使います。こちらもご相談ください。

フルードのメンテナンスの頻度も出来れば1回/年行っておきたいところ。

エアロブレーキのパッド調整はクランクを外すなど作業は手間がかかります。ショップにお任せください。ブレーキのメンテナンス工賃は、片側3000円~行なっております。


2017.Jun. 25

夏至を過ぎて、やっと梅雨らしくなってきました。

雨でも乗る!練習する!通勤する!という方もいるでしょうしせっかく乗りに出たのに降ってきちゃった~という事もあるでしょう。汚れや錆びが気になるところですが、見落としがちなのはブレーキシューの減りです。

以下サンプル画像で、まだ使えると言えば使えます。

IMG_4183

雨が降っていたり、雨上がりでブレーキ面やシューが濡れていると減りは非常に早くなります。雨のレースやツーリングで、1日でシューが終わってしまうこともあります。減り具合を見極めて「最後まで使い切るぞ」と思うのは有りですが最後の最後、溝が無くなった瞬間に一気に制動力が無くなります。MTBがリムブレーキ時代にやらかしたことがあるのですがビックリしましたし、その後フィードゾーンに戻るまで顔真っ青でしたね。

使い方や今後の予定で交換をお勧めすることもありますし「この辺までは粘っても大丈夫ですよ」な時もあると思います。「まだ使える?」安全の為ですので、お気軽におたずねください。


2017.May. 15

整備

GROVE港北店では愛車のオーバーホールを随時受付中!!

車体をリフレッシュさせたい! 納車時のようなバチッとしたブレーキタッチにしたい!

サクサク決まる変速を味わいたいなど、細かな所まで清掃・点検・調整いたします。

部品交換のご提案など、お客様と一緒に作業内容を決めていきます。

ご不明な点はお気軽にスタッフにご相談ください。「他のお店で購入した自転車なんだけどなぁ~」 もちろん大丈夫です!

BO-2

<作業内容説明>

車体お預かり前に車両の確認をおこない、作業手順、交換パーツの提案/見積もりをさせて頂きます。

オーバーホール時のパーツアップグレードをされる場合、取付工賃は発生しないのでお得です。

お持込品の組み付けなども柔軟に対応させて頂きます。

クリーン、フルオーバーホールでは、お預かりした車体の部品類を全て取り外し、点検、分解、洗浄をおこないます。

ワイヤー・バーテープは基本的には新品を使って組み付けをおこないます。

また作業進行時に交換が必要なパーツが発生した場合は、担当メカニックよりお客様へご連絡の上、了承を得てから交換作業をおこないます。

作業納期は、2週間程度。作業の混雑状況により前後いたします。

IMGP1133

<価格表>

メンテナンス オーバーホール 価格表

価格は税抜です。


2017.Apr. 15

IMG_3007

今のサドルには満足していますか?もう我慢して座ることはないのです。

サドルにまつわるお悩みは、私たちにお任せください!

体と自転車を繋ぐ部品はハンドルバー、ペダル、シューズなど複数ありますが、

その中でも悩まれている方が特に多いサドルについて、ボディージオメトリーフィットの観点からシンプルな考え方のご案内です。


2017.Mar. 26

女性のお客様から油圧ブレーキの相談をいただいたり、男性のお客様でもハンドルセッティングのお話したりすると「長いブレーキングが疲れる」「レバーが遠い」「握力が足りない」等で悩んでいる方がいらっしゃいます。また先日、ロングライドイベントの下り区間でブレーキの操作ミスか不足により起きたと思われる事故が報道されました。

油圧のディスクブレーキや上級グレードのキャリパー、電動変速による体力の温存など便利な物も多いですが

ブレーキ操作による疲れは、セッティングで解決できる場合もあります。答えは「ブレーキレバーの引きしろをなるべく広くセットする」です。スタッフのバイクを見てみましょう。

IMG_3513 IMG_3507 

オーソドックスな握り。

IMG_3509 IMG_3512

自転車歴は少し浅いですが、その分お手本通りのセッティング。

IMG_3515 IMG_3516

引きしろはギリギリまで広げています。最後に強くかかれば良し。

どちらの手指の状態の方がより強くはさむ・握ることができますか?握力というのは文字通り「握る」事で発揮できる力ですから、左の状態では指先のクリックする程度の力しか発揮できません。


2017.Feb. 23

春一番も吹いて、本格的に乗りたい季節になってきました。

サイクリングに、レースに、

冬の間の努力の成果を確かめたい方

久しぶりのペダリングを楽しみに待っていた方など様でしょうが

自転車の準備を今一度確認!

 IMG_3107 IMG_3108

ピカピカに洗車したら気持ちいいですよ。

IMGP2671 dsc_0021

ペダル・クランク・ヘッドなど回転部分はスムースですか?

imgp2614 dsc_0160 dsc_0161

ゴムや樹脂で出来た部分は時間とともに劣化します。

見逃しがちな割に、意外と性能に影響の大きい部分です。

dsc_0159 IMG_3095

頑張る人ほど後回しにしがちなチェーンやタイヤ。

イベントが近づいてくるのもいい機会です。

オーバーホールでも、アラカルトでもご相談ください。

そうそう、イベント参加の場合は車検が義務化されている場合があります。

こちらもお気軽にご依頼ください。


2017.Feb. 14

IMG_3007

今のサドルには満足していますか?もう我慢して座ることはないのです。

サドルにまつわるお悩みは、私たちにお任せください!

体と自転車を繋ぐ部品はハンドルバー、ペダル、シューズなど複数ありますが、

その中でも悩まれている方が特に多いサドルについて、ボディージオメトリーフィットの観点からシンプルな考え方のご案内です。

まず、少し整理してみましょう。

痛みやシビレはどこ?

お尻のお肉、お尻の骨、尿道の付近、膝の周辺、母指球、首、肩、手・・・とさまざま。

今回は、サドルに触れている体の部分にフォーカスすると、ストレスの主役は「お尻のお肉、お尻の骨、尿道の周辺」となってきます。

たくさんのサドルにまつわる相談を受ける中、ストレスなく快適にロングライドを楽しんでいる方は下の3つのチェックを第3者から受けています。

①体のスケールにあったサドル幅を選択している

②ライディングフォームやフィジカルのアドバイスを受けたことがある

③定量的な調整(フィッティング)を受けたことがある

一つもチェックを受けたことが無い方は、高い割合でサドル周りのストレスを改善できる可能性があります。

さらに、足回りやクリート、ハンドル周りと全身のストレスを改善したい場合は、ボディージオメトリーフィットのメニューがおすすめ。

サドル

「同じモデルでも幅のバリエーションが多彩!」

IMG_2872

「ボディージオメトリーフィットの最中」

ボディージオメトリーフィットについては無料で相談を行っています。

まずは、気軽にご相談ください。サドルをもう一度選びなおしてみませんか?

ライディングに合わせて、サドルの形状を変える事も可能です。好きなブランド、好きなモデルを選ぶのはとても面白いです。

サドルの取り付け・調整工賃¥1000~

住 所    〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号              045-716-9328

FAX                     045-716-9329

営業時間              11:00~20:00

定休日                  毎週水曜日、木曜日

※祝祭日は営業致します。


2017.Feb. 12

20000km近く使ってほったらかしだった私物のペダル。

慌ててグリスアップです。

シマノはホイールと同じく、ペダルもグリスアップができる構造です。

そもそも耐久性は高い構造なのですが、

「出来る」ということは、状況によっては「しなければならない」場合もありますので要注意。

IMGP2670

これを

IMGP2671

こうして

IMGP2675

ここにメインのベアリングが入っています。デュラエースは玉当たり調整が可能(必要)です。

万が一、損傷や摩耗が出てしまっても交換可能ではありますが、その前にグリスアップしたいですね。

IMGP2673

この奥にもベアリングがあります。交換可能ですが今回は省略。

IMGP2676 IMGP2677 IMGP2678 IMGP2679

旧型や下位グレードでもグリスアップは出来ます。

未だに7800ペダルも6600ペダルも持っていて、コンディションは保っています。

乗ってないだけ?いいえ、メンテナンスのおかげですよ!


2017.Feb. 10

TEAM SKYと共同開発を行い、誕生したHYDRO DYNAMIC。もう使っている方も多いのではないでしょうか?

IMGP2730 IMGP2728

なんとツール・ド・フランス総合優勝記念パッケージが登場しました!右上のジャージが眩しい、、、

このオイルの特徴としては航空宇宙品質ベースの油潤滑など最高級の材料を効果的にブレンドし、全天候型で高耐水性、悪条件の中でも最低の摩擦係数を誇ります。何と、デュラエースチェーン純正オイルより27%の効率化で駆動抵抗が少なくなり-7wも削減できます!オイルを変えても感じ取れないんじゃないの?と半信半疑で使用してましたが、かなーりこのオイルは良いです!!

乗り始めですぐペダリングの軽さを感じ200kmを超える練習でも最後までオイル切れを感じることなく走り切れました。ツール・ド・フランスの為に開発されたオイルですので250㎞を越える雨レースでも大丈夫!笑)実際に走っていませんが…

普段使いだと、400km~500km程フィーリング良く、滑らかな変速や回転音でした。週末だけのライドの頻度であれば、2週間から1か月ごとに注油をするようになります。注意点として、オイル含有のナノ成分をチェーンピンの奥まで浸透させるため、乗車3~4時間前までの注油が理想です。ライド直前に注油してしまうと、乗り味が抵抗が感じられるのと、オイル自身が飛び散る原因にもなりますので気を付けたいですね。

IMGP2729

UVLEDライト(付属品)によりオイルの定着をチェックできる親切パッケージもユニークですね。

Muc-off HYDRO DYNAMIC  ¥2950-(税別)

昨年大幅値下げがされて、お求めやすくなりました。注油しただけで-7w削減するオイルって魅力的ですね!