2017.Sep. 23

皆さん、アンカー日産サイクルパークフェスティバルお疲れさまでした。

日産

日本最大級の草レースと言われているサイクルパークフェスタ。

今年、GROVE港北店は30名様のお客様と参戦してきました。

去年に引き続き、また初めてレースイベントに参加される方、とても多くの方にエントリーしていただけました。

スペクタクルな精神を持つ港北店のお客様は、何事もなく午前の雨のライドを終えていました。

えがお

日々のレッスンライドや店長のスクールライドの成果が本当に出ています。

nodsesann

21949780_1456511851062975_3935051484965827677_o

午後の部からは雨も止み、とても快適・快調にレースメイクができました

が水分・塩分不足になると、

21687825_1473053476118414_1894334425639792743_n

全身がつります。

皆さんの暖かな応援があるからこそ、頑張りたくなる。頑張るのです!

21762839_1473052472785181_587610816863510897_o

そんな暖かな仲間のいるGROVE港北の今年の成績は…

IMG_2398

2時間ソロ女子の部 2位!

IMG_2437

キング男女混合ロードの部 1位!

IMG_2575IMG_2584

キングの部 男子ロード・チーム 2位 3位!

来年もまた、皆さんと走りたいです!

お疲れ様でした。

21762547_1473053202785108_2094325185396408146_o

…SEE YOU


2017.Sep. 21

店長RACE1 (1)

2017年店長選手権に行ってきましたので、そのレースレポートです。

走行距離75km、平均速度39.9km/h、NP245w、Avg253w、平均心拍170bpm。

昨年(初参戦)より、この日を待ち望み迎えた店長選手権。この日のテーマは出来る限り前方にポジションをとり、積極的にレースに参加する事でした。さらに、自分のレベルだとどこまで通用するのか試す真面目なテーマでした。熟練店長達に今の自分がどこまで立ち向かえるのか?このレースは、見てのとおり、ガチレースです。

店長RACE1 (2)

強豪店長達44人参戦、過去最大級のレースは今年で7回目。昨年度の集団DNF事件があってか、スタート直後より逃げは許さない集団の意思がビシビシすぎる!アタックがあれば、すぐに誰かしらのチェックが入り、でもアタックの応酬が止まらず、ペースがとても速かった。マークしていた選手は、元アンカーの井上さん、昨年の覇者岩島さん、筧さん、PITの井上さんの4名。彼らの動きにはほぼ協調した、そして彼らは自分のスタイルを持っており、加速はとても鋭く、一緒に走っていてうっとりしてしまうほどカッコよかった。自分では単騎でレースを作れるほど力はないが、彼らの仲間に入りたい!この一心でレースをする、レベルを引き上げてもらうのだ。コーステープの内側でしか見る事ができない、彼らの本来の姿を垣間見れるのは贅沢だと思った。

店長RACE1 (3)

快調に周回を重ねるも、レースが90/120分を過ぎると渡辺の体力も徐々に落ち、プライドとの戦いも終わった。これも承知の上、日々のトレーニングも100分程度しかこなしていないのだ。体力不足により最も楽しい先頭集団からジリジリ落ち始め、大切な決定的な動きに反応できず見送った。

すぐに気持ちを切り替え、完走ペースの最終列車に飛び乗った。6名ほどの最終集団のテーマは「完走」だった。とても愛に満ちていて、気遣いあふれるローテだった。脱落者なく皆で、レースのラストを告げるジャンの音を聞くことができた。終わりつつある自分たちのレースの余韻にひたりつつ、ジャージのジップをあげゴールした。順位は33位でビリだった。

店長RACE1 (4)

体力が続くまで自分のレースが出来て久しぶりに満足できた。先頭集団でゴールするためには、何がどのくらい足りないのか、身をもってわかった。また、トップとの差をこの目で計れたことは最大の収穫。まだ、レースのやり方忘れてなかった。

今回は3人もお客さんが応援に駆けつけてくれました。渡辺は愛されています。ありがとうございました、先頭とのタイム差を教えてくれ、エールをもらえ諦めずに走れました。家族にも感謝。ロードレース最高です。
写真は斉藤さんよりいただきました!


2017.Sep. 17

IMG_0221

スペシャライズドの展示会、賑わってます。これは、その一部。一般の方も楽しめ体感出来きる単一ブランドは、業界でもすくないのではないでしょうか。自転車の遊びの世界も変わりつつあります。その一端をみることができました。

IMG_0222

MTBを筆頭に電動アシスト付きのバイクがヨーロッパを中心に爆発的に流行しています。日本ではレギュレーションの都合、足踏み状態ですが、私たちが遊べるのももう目前。これで辛い登坂も、若い自転車仲間とグイグイと走りに、遊びに行けますね。

IMG_0224

いろいろなデザインのボトルがありますが、これはすべてオリジナルでデザインされたもの。チームデザインや、個人でもカスタムボトルが気軽に作れる時代になりました。もちろん、ジャージも作れます。ご相談ください。

IMG_0227

渡辺は一時お休み中のトライアスロン。これほどまでに凝ったデザインのバイクがリーズナブルな価格で販売されています。なんだかんだと、TTバイクは最速です。TTバイクは年末までにバイクの準備を済ませるのがおすすめ。年を越してしまうとメーカーのモデルも完売になりがち、お早めにご検討ください。

フォーム、FITに関してもフィッターの渡辺までご相談ください。ばっちり仕上げられますので、ポジションを構築できていない方、ご不満のある方お気軽にご相談ください。

IMG_0233 IMG_0232 IMG_0234

RETULに新しいアイテムがリリースされます。画面の項目、指示に従ってライダーの体を測定すると、ベストなサイジングをBGFIT、RETULFITで得られたデーターを参考に瞬時に選んでくれます。これは画期的なスステムで、自転車、グッツ選びの決定版になる予感。さらに、熱成型によるカスタムインソールのシステムもリリースされました。

https://www.retul.com/

スペシャライズドはライダーにとってイイモノを形にしてくれる稀なブランドです。まだ未経験なあなたは、サドルやシューズなどの体に触れる部分から体験してみてください。きっとバイクに乗るのがもっと楽しくなるはずです。


2017.Sep. 17

saisoku20161

2017年サイクルスポーツ 店長選手権のスタートリストが発表になりました。今年は参加人数も増え、その分猛者も増えたようです。一生懸命はしってきますので、皆さん応援よろしくお願い致します。

開催日は9/20日。

1年間自分なりにパワーメーターを使って練習をしてきました。その成果の答え合わせが楽しみです。

14457391_1163308490410068_6658321554843277306_n


2017.Sep. 16

21761366_1443725852370987_2664075583046772165_n

出来上がりました。グロスホワイト、マットブラック、グロスロケットレッドの3色のカラーリング。フレームの後ろ側、シートステーはBMCのSLRシリーズのようになり、TARMACオーナーとしては新鮮なフレームデザインです。フレームの造形はメリハリあり、インプレッションしたときの記憶が鮮明によみがえりました。

なにせ初めての組立ですので、集中しながらの組立でした。

21751550_1443725865704319_5260436943937472598_n

シートポストは完全な専用設計、エアロデザインとなります。固定方法もエアロポストの固定ですが、うれしい樹脂製のカバーが標準装備です。このため、シートの抜き差しの時にテープを張る…工夫などができなくなりました。サドルの高さを測定する際、測定誤差を生む恐れがあるので、測定ポイントには注意してください。いとも簡単に2~3mmずれてしまいます!

21730914_1443725862370986_2564594605959559283_n

フレームとタイヤのクリアランス10mm程度だと思います。こちらの組上げ仕様では、26Cのタイヤ、CLX32ホイール(リム内幅:20.7mm、外幅:28.1mm)との組み合わせ。タイヤサイズの組み合わせでは、これ以上もこれ以下でもありません。胸を張ってオリジナルのROVALホイールがオススメです。

ブレーキキャリパーはダイレクトマウント使用を選択しますが、BR9100でさえもケーブルのプリロードはほぼなしでした。パーツチョイスは気を付けたいですね、安全にかかわるので。

21740479_1443725929037646_1350907009223467441_n

手に置いているのがもともとフレームに取付されているフレームキャップ。標準装備が電動なのでしょうか、グロメットなどすべて開放の組立になっていました。

シフトケーブルのルーティンもスマートにまとまっています。また、同じ形状でフレームキャップとなっており、DI2の時にはすっきりとしたデザインと、空力がよさそう。写真はありませんがBB下の受けもコンパクトに。


2017.Sep. 15

明日、行う予定でしたレッスン&カフェライドは天候不順のため中止とします。

多くの方にエントリーしていただきましたが、次回をお楽しみください!

21368651_1445901308837544_8537401382974317967_o


2017.Sep. 14

a

選手権前なので、高めの強度でのライド。安全と効率を考えて、ZWIFTで走りました。

お気に入りのメニューでちょうどよさそうなものがあったので、選択。

最後まで踏み切れないほどの、ハードメニューでした。こんなメニューがバリバリこなせたらきっとロードレースが楽しいんだろうなーと他人事のように感じました。

トレーニングを楽しんでやっている方が少ないと、お悩み事を聞いていると相対的に多いと感じます。メニューを組み立てられると、屋外、屋内と自転車ライフがとても楽しくなります。個人にあったメニューを考えるとき、パワーメーターのデーターがあると具体的なメニューを考えられます。

パワメのもっている方、持っていない方、まずはスタッフまでご相談ください。


2017.Sep. 12

IMG_0204

今日のターマックです。初めてのフレーム組み立て、すべてが手探りですが幸せの時間でもあります。
新しいバイク、システムを組ませてもらえる機会に、お客様に感謝です。個のバイク、自分も乗りたくなりました。

組み立てが終わったら、次はフィットプレミアムの工程。なんと、このフィットが施工100件目のお客様になります。こちらのバイクのオーナー様は、2回目のフィットになるのでより詳しく、細かいフィットができそうです。
気持ち引き締まります。


2017.Sep. 9

短時間でさらりと実りある40㎞~60㎞を走るのがモットー。レッスン&カフェライド!

開催頻度が増えたことで、最近はトレーニング要素が強くなってきてますが…笑

参加していただいてる方の走りの質やスキルが、着実にレベルアップをしているのを走りで感じています。

一人で走るのも良いですが、グループライドにより集団での走り回りや自身の走りの質・スキルを磨けること、身に着けることが多いです。

レッスン&カフェライドは、来週の8月16日()も開催します!

それでは、本日もお疲れさまでした。

21368651_1445901308837544_8537401382974317967_o

:SPECIAL THANKS TO Koji M


2017.Sep. 8

 images bgfit  2

今年の夏は雨が多く気持ちよくライドできなかったですね、秋よりスポーツバイクを安全に楽しむうえで欠かせないFIT。今のうちにフィッティングを済ませておきましょう。自転車の熟練度の違いや、遊び方、スポーツの経験値によってフィットの完成形は変わります。

おかげさまで、フィット件数99!これからも知識,経験を増やしてお客様の笑顔、気持ちい汗のために一生懸命フィットやります!

最近のお客様のお悩みでは、どうしたらレベルアップ(早く走る)出来るのか!などの相談が増えつつあります。スポーツライドを始める第一歩は、フィットを行うことだと断言させてもらっています。身体のレベル、スキル、状態をフィッターが十分に理解したうえで、行うフィットには根拠と現時点のベストのポジションやフォームの融合となります。

しかしながら、スポーツバイクのレベルアップはゲームのように秘儀を体得し、短時間でジャンプアップは出来るものではありません。ツーリングを快適に、速く走るレベルであれば、FITを済ませ、カフェライドやスクールライドのレクチャーで十分に対応できます。

年齢を重ねると体力は落ちていきます、無理をすれば体調を崩しライドそのものができなくなります。20代以降の練習方法は、間違いのない知識の上で経験値の向上、スキルのレベルアップ、体力増強、練習計画を取り組めば、日々成長し目標を間違いなく達成できるでしょう。練習計画はFIT以外の話になりますが、最近相談も増えつつあります。

スペシャライズド

BODY GEOMETRY FIT(ボディ ジオメトリーフィット)

フィッティングについて、徐々にではありますが一般的に知れ渡ってきている感じがします。女性も、もちろんOKです。このサービスは完全予約制となっています、事前に店頭にてお申込み下さい。

MAIL:info@grovekouhoku.com

担当:渡辺

施工基本料金:¥20,000

施工回数:2回(メインフィッティング、フォローアップ)

施工時間:3~4時間 ※調整に必要な部品は別途購入となります。

--------------------------------

ボディージオメトリーフィット って?

プロからスポーツバイクデビューの方まで受けることができ、自転車にまつわるポジションやライディングの悩みをバイオメカニズムに則り、科学的根拠に基づく調整を行うメソッドです。各ライダーの目標、希望に合わせ、身体能力を最大限に生かしたフィッティングを行う事で、「痛みがなくなった」、「ケイデンスが上がった」、「ロングライドが楽になった」、「スプリントがたれにくくなった」 (体験者からのコメント)定量的にニュートラルなポジションの最適化ができ、相対的にパフォーマンスを向上させることができます。 ボディージオメトリーフィットの手順は4ステップのプロセスを経て調整を行います。

1. インタビュー

フィットを受ける人(初心者でも経験豊富なサイクリスト)とフィットテクニシャンは、必ず短いインタビューを行います。フィットテクニシャンがライダーの話を聞き、フィッティングのゴール、お悩み、傷病履歴、目標などを把握します。

2. アセスメント(評価及び測定)

フィットテクニシャンは定量的にさまざまな治具を使いライダーの約20項目の柔軟性や肉体的特性を正確に把握します。例えば、足の形や構造、膝の位置、脊柱の湾曲具合、肩の伸展、股関節の屈曲、脚の長さなど測定します。

3. フィッティング

横面からの観察を行い、シート・ハンドルバー高さ、ステム長さ、クリート位置の調整をします。ニュートラルポジションを探し出し、パワーを出しつつ快適に走れるポジションを生みだすことが目標です。正面からの観察を行い、ハンドルバー幅、股関節と膝と足のアライメントを最適にする事で、パフォーマンスの向上とバランスの良いパワー伝達を実現します。クリート位置の分析や、サドルが身体に合っているかの分析も含みます。

4. フォローアップ

1週間ほどしたらテクニシャンはライダーに電話をして、フィッティングの効果がどのような具合かを尋ね、ライダーの疑問や関心事についての質問に答えます。2~4週間以内にフィットテクニシャンと再調整を行います。

<施工イメージ>

1  aisanbgfit48  4

ご予約お待ちしています!

住 所 〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号 045-716-9328

FAX 045-716-9329

営業時間 11:00~20:00

定休日 毎週水曜日、木曜日