ROAD


CAAD13 Disc105

2019.Aug. 17

cannondaleを代表するアルミレーシングバイク・CAADシリーズの2020年モデル「CAAD13」をご紹介いたします。

前モデルであるCAAD12から大幅に進化し、数々のアップデートが加えられました。

CAAD13 Disc 105 ¥210,000-(税別)

ディスクブレーキを装備し、エアロ形状のフレームへと生まれ変わったCAAD13。ただ重量は、フレーム単体でCAAD12に比べ60gほどしか増してないというのが驚きです。

まず大きく変わった点として見て取れるのがシートチューブまわり。振動吸収に関しては定評のあったCAAD12ですが、CAAD13はそこから大幅に振動吸収性能が上がりました。

今まではシートステー・チェーンステーそのものをしならせることによって振動吸収させていましたが、CAAD13はシートステーがシートチューブを押してシートチューブがしなることで振動吸収しています。よってリアバックは高い剛性を保ったまま振動吸収性が高まっています。

シートチューブ・シートポストの形状も変更されました。Hollowgram KNOT 27シートポストは、D型の断面となっており空気抵抗の低減と振動吸収性の向上といういいことずくめなシートポストです。防水のラバーカラーが装着されるのはありがたいですね。

前述のシートチューブを押して振動を抑える+このKNOTシートポストによる振動吸収は絶大な効果があります。実際乗ってみて路面追従性の高さに驚かされました。キャノンデールによると、エンデュランスモデルのシナプスと変わらない振動吸収性能なんだそうです。振動吸収に関しての今回の主役はシートチューブです。

カムテール形状のダウンチューブ上部にシフトケーブルの入口があります。電動や無線での変速機器を使用する場合は付属している別の形状のカバーを使います。

 

ブレーキについても非常に好感触で、ディスクブレーキの強大な制動力にフレーム側が負けるような印象は無く、正確で安定したブレーキングが可能です。前後スルーアクスルによる剛性の高さが効いています。

 

カラーリングはMANTISというとても渋めなグリーン。スポーツやレースとはまた違う何かを連想させるカラーリングに感じます。

 

ディスクブレーキモデルでCAAD12から引き継がれる軽量なアルミフレーム。かつ空気抵抗の大幅な低減とキャノンデールお得意の振動吸収の向上がありながら、お値段はとても控えめな税抜21万円。ディスクロード1台目をお探しであれば、十分すぎるほどコストパフォーマンスの高いCAAD 13 Disc 105が断然おすすめです。

 

店頭に展示しておりますのでぜひご覧ください。ご来店お待ちしております。

 

【GROVE港北店】

住 所    〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号              045-716-9328

FAX                     045-716-9329

営業時間              11:00~20:00

定休日                  毎週水曜日、木曜日

※祝祭日は営業致します。

 

 

MGMグループ各店で自転車をお買い上げの方には末永くスポーツバイクを

お楽しみ頂けるように5つの特典がある【PREMIUM MEMBERCARD】

を発行しております。

①自転車の点検永年無料

②自転車の調整永年無料

③ポイントの還元

④工賃割引

⑤イベントのご案内・優先参加

詳しくはスタッフまでお問合せ下さい。

 



ACCESS

所在地
〒223-0065 神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19
電話番号
tel. 045-716-9328
メールアドレス
グローブ港北店メールアドレスはこちら
営業時間
11:00~20:00
定休日
毎週水曜日・木曜日(祝日は営業致します )
電車
横浜市営地下鉄グリーンライン 高田駅より徒歩6分
お車
第三京浜 都築I.Cより車で10分/駐車場6台完備
駐車場
駐車場6台完備

GROVE港北FACEBOOK

GROVE港北 スタッフ募集のお知らせ