2013.09.12

BMC 2014モデル情報!SLRシリーズ

自転車業界では9月から10月にかけて各社のニューモデル展示会が一斉に開催されます。

当ブログもしばらくは2014年モデルの紹介記事ばかりになると思いますが、ご容赦願います。

 

さて、今回は当店イチオシ、スイスのレーシングブランド『BMC』のニューモデルのご紹介です。

SLR01teamredSLR01 ステルス

・SLR01 DURA-ACE Di2 ¥1,260,000- (フレームセット¥441,000)

 SLR01 ULTEGRA ¥525,000-

 

今年度の目玉はなんといってもリニューアルされたSLR01でしょう!

今年の5月のデビュー以来、ジロ・デ・イタリアで総合3位、ツアーオブカリフォルニアで総合優勝、

現在開催中のブエルタでもステージ優勝を果たすなど短期間の間に凄まじい成績を残しています。

 

見た目は今までとあまり変わらないですが、中身は本当に別物です!

SLR01 トップチューブ

54サイズ、塗装済み、小物装備の状態でフレーム重量780g。(旧SLR01 は860g)

超軽量フレームだけあってチューブはかなり薄いですね。

トップチューブを指で押すとペコペコするほど(割と力を込めてですが)。

しかし、後述するようにこの薄さでは考えられないほどの剛性を実現しているのだとか。

チューブ内部はバリ取りがなされており、軽量化に一役買っているそうです。

 

SLR02 シート接合部SLR01 非対称チェーンステー

フレーム設計は3万4千通りものパターンを徹底的に検証し、最終的に採用されたもの。

シートチューブよりも太いトップチューブや、左右非対称のチェーンステー、逆テーパーのヘッドチューブ、

ISCを最大限に生かすかまぼこ断面形状のシートポスト(もちろんTCC採用)などなど・・・

これらは見た目のインパクトを狙ったものではなく、剛性と快適性の向上、そして軽量化の為の合理的なデザイン。

合理性を追求した結果、極めて独創的な形状になったというのはBMCの製品すべてに通じるところです。

 

そして見た目だけでなく、中身のカーボンのレイアップも練りに練られたものとなっています!

快適性には優れる反面、スプリンターには多少不評だったという従来のSLR01と比較して、重量対剛性比はなんと50%もUPしているそうです。

その上快適性も決して犠牲になっておらず、乗れば乗るほど良さがわかる仕上がりになっているとのこと。

レースでしのぎを削るもよし、ツーリングを楽しむもよしの万能バイクですね!

 

SLR02 RED

・SLR02 ULTEGRA ¥420,000-

 SLR02 105 ¥294,000-

そのSLR01の廉価版となるのがSLR02。

フレーム設計は全く同一で、カーボンのグレードとワイヤーが外装であることのみが変更点です。

Di2にも対応。

 

これがまた非常に良いバイクで、剛性対重量比は旧SLR01よりも40%向上、フレーム重量は990g。

重量以外のスペックは従来のSLR01の性能を完全に凌駕してしまっています。

このバイクが29万4千円というのはちょっと信じられません。

去年SLR01を買えなかった人は逆にラッキーだったかも・・・

 

両モデルとも、デリバリーは10月末に開始の予定。試乗車のご用意も検討しています。

例年品薄必至ですので、検討中の方は早期予約をオススメ致します!

  • facebook_logo スタッフの目線 公開中!!
  • 安心サポート
  • images   バイクにまつわる体の悩み、これで解決!
  • 48-43608f23039b045d8fd26770b11ad3aaチーム「GROVE港北」熱いです。
  • メンテナンス オーバーホール お気軽にご相談ください!
  • キャプチャ  
  • ショップポリシー
  • 自転車購入の流れ
  • イベント
  • カレンダー
  • フォトギャラリー