2017.07.01

NEW TARMAC デビューです。

NEW TARMAC フルモデルチェンジでデビューです。

TARMAC SL6

 

 

TARMAC SL6 3

NEW TARMACを語るうえでキーワードとして、今回は下の3点にまとめられます。

 

<リトゥールデーターのフィードバック>

4万に及ぶフィッティングデーターより新たなフレームジオメトリーに一新されました。さらに、S-WORKSオリジナルパーツとの仕様や最適な互換性能を見直しています。

 

<さらなる軽さの追及>

サイズ56cmでなんと、733g。旧TARMACよりも200gの軽量化。さらに、塗料の見直しにより、たった10gという1円玉10枚程度の重さに抑えました。

DSC_8954

完成車の重量を見てください、6.28kgです。写真のバイクでは、ペダルはついていませんが、パワーメーター、50mmのディープホイールがついています。UCIの基準を満たす場合、重量を増す必要があるかもしれません。

 

<空力の見直し>

WIN TUNNNELにてフォーク、フレーム、シートポストの改善を新たに行いました。スペシャはオリジナルパーツも秀逸な事で有名です。これらのパーツとの組み合わせにおいても1台のバイクとしての調律をはかりました。

 

 

<インプレッション>

いち早くリリース前に、テストライドしてきました。皆さんにお話しできなくてごめんなさい。

某日、気持ちよい平坦ルートと登坂ルートでNEW TARMACを乗り倒してきましたのでその感想です。

DSC_0011

フラット区間では出足から自然な加速で、50MMのディープホイールとは思えないほどの立ち上がりでした。滑らかに走る感覚は、タイヤ、ホイールのサポートだけでなく、空気の切れが良いように感じました。滑らかな加速はVengeさながらのものでした。こんな私が乗っても、いとも簡単に巡航ペースに持っていけるので、自分がプロ選手になったような気分になり、ずっと漕いでいたくなりました。

スプリントはただただ、軽やかにバイクが走ります。旧モデルのじゃじゃ馬的な感覚が絶妙なバランスで手なずけられ、多少ラフにバイクに力をかけても抜群の安定感で息が上がるまで無心に漕いでしまいました。6.8KG以下のバイクとなると、スプリント時に不安定になる場合があるののですが、そのかけらは微塵もなくポテンシャルの高さに圧倒されました。

 

DSC_0048

3分くらいのヒルクライムを走りました。バイクの反応が軽い!こんな簡単な表現しか思いつかないほど、走りに濁りがなくパーフェクトでした。ダンシングがこんなにも楽しい事を、改めて知ることができた。S-WORKSでは当たり前ですが、社外パーツのアッセンブルでは到達できない一体感を、改めて知ることが出来ました。

写真では登り切った後のダウンヒル。登坂でのバイクの反応が軽やかなのに、ダウンヒルでは挙動が安定志向になりました。これはマジックです。新たににタイヤサイズも26Cとワイドになったことで、さらにコーナーリングの安定感があがりました。

 

こんなに感動させてくれるSW TARMACいかがでしょうか?

ご注文お待ちしております。

 

  • facebook_logo スタッフの目線 公開中!!
  • 安心サポート
  • images   バイクにまつわる体の悩み、これで解決!
  • 48-43608f23039b045d8fd26770b11ad3aaチーム「GROVE港北」熱いです。
  • メンテナンス オーバーホール お気軽にご相談ください!
  • 300x250-RED-WHT-
  • ショップポリシー
  • 自転車購入の流れ
  • イベント
  • カレンダー
  • フォトギャラリー