2016.04.22

オーバーホールは大事・その前に洗車も!

ここ数週間、ありがたいことに
途切れなくオーバーホールのオーダーをいただいております。
IMGP1575
こちらは、パワーメーターの取り付けと併せて承った1台
IMGP1577
上は出来上がり画像なのですが…元々付いていたクランクを外したところ
IMGP1578
クランクシャフトまで錆が回っています。BBのベアリングが発生源でしょう。
IMGP1580
左アームにも錆が回ってしまっています。クランクとベアリングの接触は
左右でほとんど違いはありませんが、やはり右側はリングやアームで
水分の侵入がさえぎられている部分はあるという事でしょうか。
IMGP1581
BBの左側ベアリングは完全に錆びて回りません。クランクシャフトと内輪で空回りならまだしも(ダメです)
フレームとシェルで回っていたりしたら…、考えただけで恐ろしい。
トライアスロンのレースや練習で海沿いを走ることが多かったようで、塩の影響も大きいです。
汗、海水、雨の跳ね上げなどで塩分があると「金属パーツはイチコロ」位に警戒してもし過ぎではありません。IMGP1591
ペダルのベアリングもグリスが抜けきっていました。
これも錆が回ったりグリス切れでつぶれたりしたらアウトですが
今回は何とかグリスアップで対応できました。

 

オーバーホールとは直接関係ありませんが、こんなご依頼も。
IMGP1583IMGP1584

何故かDi2の中身の抜かれた6770STIをお持込みいただいたので
内部パーツを用意しました。現代的なアタマ組みと呼んでもいいのでしょうか?

IMGP1585IMGP1586

これでひとかたまりのユニットになります。
IMGP1587IMGP1588

ブレーキレバーを取り付けて
IMGP1589
スイッチ部分を取り付け。
IMGP1590
出来ました。もちろんこの後フードを付けます。
IMGP1595
無事に付きました。

IMGP1598
外したパーツ達。使いまわす予定も無かったのですがちょっともったいないです。

「オーバーホールなんて大げさな」という方も、洗車のみでもご依頼ください。

  • facebook_logo スタッフの目線 公開中!!
  • 安心サポート
  • images   バイクにまつわる体の悩み、これで解決!
  • 48-43608f23039b045d8fd26770b11ad3aaチーム「GROVE港北」熱いです。
  • メンテナンス オーバーホール お気軽にご相談ください!
  • キャプチャ  
  • ショップポリシー
  • 自転車購入の流れ
  • イベント
  • カレンダー
  • フォトギャラリー