2016.10.17

NEW ROUBAIX ELITE のインプレレポート

 

 

imgp2524

 

今一番欲しいバイクはこれ!魅力的なバイクです。

フレーム全体の色はオレンジとうっすらパールがかる上質な雰囲気です。色味のバランスもオレンジとブラックの2色で、シックで大人っぽいですね。クランクとホイールのブラックが全体の色味、雰囲気をぐっと引き締めています。

ROUBAIX SL3を乗っている私ですが、登坂性能、振動吸収、コーナーリング、乗り心地のどれを比べても傑作と言われた前作を上回るライドフィールでした。とにかくよく曲がります!私の一番のお気に入りはコーナーリング性能の高さ!と声を大にしていえるほど。

 

ダイナミックなダンシングや高速クルージングなどもお手の物。

起伏のあるルートを走るとき、数回リズミカルに織り交ぜるダンシングを行ってもヘッドショックの動きは全くと言っていいほど気になりませんでした。バイクのしなりと人間の動きが同調し、推進力に転嫁しているのがとても気持ちいいです。

roubaix_2 roubaix_1

 

ブレーキングに集中できる幸せ。

ヘッドショックとシートのしなりのコラボレーションは、ブレーキングの時こそ誰でも体感できるシルキーなフィーリングです。十分にブレーキができるからこそTARMAC以上の安定感でコーナーリングを楽しめることに気が付きました。まるでWサスペンションバイクに乗っているかのような安定感は初体験です。

roubaix_5 roubaix_6

 

ROUBAIXは1台目のロードバイクに乗るべきおすすめのバイクなのです。

姿勢が低すぎず無理しなくても良いので安全にバイクに乗れ、ディスクブレーキで制動力が高く、悪天候においても安定して止まる。ショックシステムが前後に搭載されており、長時間のライドも快適に走れ距離ではなく、ロードに乗る時間を楽しませてくれます。変わりやすい天候や走るルートがどのような状況でも目的地まで到達し、また家に戻れる最高の相棒となりオーナーを助けてくれるでしょう。

roubaix_0

GROVE港北では、ROUBAIX ELITE 52サイズを試乗車でご用意しております。

いつものルートでNEW ROUBAIXを試してください。

 

 

2016.10.16

キャットアイから加速度センサー付き、登場。

流行中?の高機能ライトに、ついに大御所メーカーが参入です。

dsc_0018

CAT EYE   RAPIDX2 kinetic ¥6,000(税抜)

dsc_0019

加速度センサーを内蔵してブレーキ時に2,5秒間強い点灯に切り替わります。

以前ご紹介したFabricのライトと同じような機能です。

しかしそこはCAT EYE、加速度センサーの反応・取り付け部の堅牢性・稼働時間の長さなどで

しっかり先行ブランドを上回ってきています。

昼間も点灯させて通勤や街乗りならfabric、ツーリングや夜間走行を含むならCAT EYEといった

使い分けもありそうです。

ぜひ店頭でお試しください。

2016.10.14

トレーニングライドだと聞かされずライド。

10月13日(木)の定休日を利用して宮ケ瀬ダムへ行ってきました~

ロードバイクを購入して2か月。

ようやく100キロ越えライドを経験!

 

朝9時に店長と待ち合わせをし、鎌倉店スタッフとの合流ポイントまでの25キロ

先を目指しました。

 

ん?

寒い!寒いぞ!

この日は気温18℃と11月上旬並みの寒さ!

お日様も元気がなく曇り日和。

%e6%9b%87%e3%82%8a

寒さ嫌いのわたくしにとって嫌な一日の入りになりました。

 

身体もほどよくウォームアップしたところで合流ポイントの

別所の湯入口コンビニに到着!

img_1627

おや?

合流した直後、早くもパンクトラブル!

残念なことに本日もサポートカーがないのでマイセルフで修理作業!

 

 

さぁいよいよ、宮ヶ瀬ダムへ向けて登っていきやす!

店長がトレーニングで活用しているコースを登坂。

人数も増えちょっとした集団になるとスピードが上がります。

 

早くも余裕なしのトレーニングライドの幕開け!

グイグイと先頭を引っ張る武闘派店長は後続者を離し突っ走ります。

 

後続者のわたしは力いっぱいのマイペース走行!

img_1628

無事に先頭と合流してパシャリ!

 

ここからは服部牧場へ向かうライド

脇道にはウエッティな枯れ葉、それに程よい石が落ちている下りを

恐る恐るブレーキングしながらコーナーを安全にクリアしていきます。

img_1629

服部牧場入口の辛い坂道をこなし羊さんたちとご対面。

宮ヶ瀬エリアは気温13℃

暖かそうな羊とは反対にインナーの汗冷えに格闘していたわたし。

 

トレーニングライドはまだまだ続き…

ここから平塚方面の海岸沿いへ南下。

 

はいっ、もはや写真を撮る暇がないライドだと気づきました。

御一行はトレインを組みひたすら海岸沿いを走ります。

 

途中、脚を使う覚悟で先頭グループに付いていくも1キロもついて行けず、無念。

お得意の力いっぱいのマイペース走行でひとり離されることに。

 

ようやく藤沢エリア入り、鎌倉店グループと別れ、店長とのんびりと帰路ライド。

img_1632

最後に休憩らしい休憩をとって一日を終えました。

自宅からの走行距離は136キロ、帰りにどら焼き・エネルギーゼリー飲んでも

お腹が空きました。

2016.10.14

2016VENGE ViASリムブレーキ仕様リコールのお知らせ

SPECIALIZED(スペシャライズド)は、2016年モデルとして
発売されたエアロロード「VENGE ViAS」のリムブレーキ仕様について、リコールを発表しています。
「リアホイールがリアドロップアウトから脱落し、その結果フレームの破損につながる恐れがある」とのこと。

 

スペシャライズド・ジャパン合同会社は、2016年モデルのVENGE ViAS リムブレーキ仕様において、
リアホイールがリアドロップアウトから脱落し、その結果フレームの破損につながる恐れがあるため、
当該製品を対象にリコールを発表いたします。
当該製品をお持ちのお客様は、使用を中止し、ご購入いただいた正規販売店にお持込みいただきますようお願い申し上げます。
正規販売店にて無償で脱落防止用突起付きの新しいリアディレーラーハンガーに交換いたします。

 

%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab

対象モデルは下記の通りです(2017年モデルのVENGE ViAS DISCブレーキ仕様は対象外)。

製品番号(SKU):BIKE
99016-00xx:S-WORKS VENGE ViAS Di2 BLK
99016-01xx:S-WORKS VENGE ViAS Di2 CARB/RED/BLU/WHT
79016-02xx:S-WORKS VENGE ViAS MODULE BLK
79016-04xx:S-WORKS VENGE ViAS MODULE CARB/RED/BLU/WHT
97816-15xx:VENGE PRO ViAS BLK/CARB/CLN
97816-16xx:VENGE PRO ViAS HYP/BLU/BLK

 
購入した正規販売店にて、脱落防止用突起付きの新しいリアディレーラーハンガーに無償交換となります。

2016.10.12

トレーニングライド 江の島と海岸線

img_4825

とても気持ちいい天気でした~まだまだ半袖+短パンで元気に走りたい!と思います。

ジャパンカップのチャレンジレースを控えているというのに、少し風邪を引いてしまいこの日が久しぶりのライドとなってしまいました。

焦る気持ちをおさえつつ、一人じっくりと、いつもの練習ルートを走るのでした。

台風の影響で波の高さもほどほどにあり、サーファーも波乗りを楽しんでいるようでした。

 

%e6%b1%9f%e3%81%ae%e5%b3%b6%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89

ほんと、ルートプロファイルを見ると平坦ですね…大磯クリテのシーズンも始まりました。11月、年明けの1月には出場予定を考えています。

日頃の成果をためしませんか?詳しくはFBで案内いたします。

 

img_4827

ぐるっと海岸線を走り終え、地元に戻ってきました。今はなき戸塚の大踏切はアンダーパスで快適になり、渋滞知らず?

しかしこのアンダーパスは車専用ですので、自転車は矢部トンネル公園を通過してエレベーターで反対側に行かないといけません。

旧東海道の宿場町 戸塚らしいスポット発見!休憩には良さそうな矢部トンネル公園の一角に山王祠があります。

こちらは、戸塚宿の鬼門よけ、商売繁盛の神として1655年ころに建立されたと伝えられている祠だそうです。
*鬼門(きもん) 昔から、北東の方角は鬼が出入りする方角として忌(い)み嫌われていました。
*祠(ほこら) 神をまつった小さなやしろ

 

img_4828 img_4829

またまた、戸塚ネタなのですが、渡辺が大好きなカステラの工場発見。カステラの端っこを1g 1円で販売していました。

300g程度をむしゃむしゃいただきました。とってもうまいです~幸せ。詳しくは渡辺まで。

2016.10.11

ランチライドに行ってきました

10月10日(祝)にランチライドを開催しました。
 
参加いただいた6名のお客様と共に、
東京・神奈川の自転車乗りなら知っておきたい
「尾根幹」(南多摩尾根幹線道路)を目指します。
 
そしてその先に「尾根幹にうまいうどん屋がある」
「乗りに行くたびに寄っている」
と、複数の複数のお客様より推薦をいただいたうどん屋さんが今日のランチ。
 
お店からは、中原街道~尻手黒川線~府中街道という手順です。
dsc_0001 dsc_0002
スタート直後の余裕が感じられます。
 
自転車乗りが「尾根幹走る」という時は
南武線矢野口駅からスタートして、多摩境通りにぶつかるまでを差すことが多いですね。
スタート地点が違いますが、概ねこんな感じ
%e5%b0%be%e6%a0%b9%e5%b9%b9%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab
そして練習好きには有名な「小山田周回」というのがありまして
こちらをご紹介したい、というのも今回の目的の一つでした。
%e5%b0%8f%e5%b1%b1%e7%94%b0%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab
練習ではないけれど、せっかくのコースでもお腹一杯に…と
企んでいましたが予想より大盛りだったようです。
ランチ前に満腹?過ぎたかもしれません。
 
dsc_0004dsc_0006dsc_0005
この辺りは、この後の紅葉や春の桜が素敵なサイクリングコースでもあります。
 
そしてランチ。お店のホームページはこちら
dsc_0009
少し混んでいましたが回転は良く、10分程で席へ。ほどなくうどんも出てきました。
dsc_0010
 

スゴイ太麺で、食べ応え十分です。
帰り道を考えて控えめに食べましたが、これは一度大盛りに挑戦したい!
 
帰り道はうどんの満足感と、コースの満腹感で言葉少なに進行しましたが

トラブルもなく無事に戻ることが出来ました。
約90km、皆様お疲れ様でした。
次は時間にも脚にも余裕をもって、大盛りを食べに行きましょう!

2016.10.11

スペシャライズド本社 試乗に行ってきました。

img_4824 img_4823

%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%80%80%e6%9c%ac%e5%8e%9a%e6%9c%a8

本日は、本厚木に本社を構えるスペシャライズドでお客様と待ち合わせ。

お目あては2017年モデルのS-WORKS TARMACのプレミアム試乗です。TARMACといえば、オールラウンドにきびきび走りコーナーリングもグイグイと楽しめる今一番ホットなバイクですね。

世界選手権も2年連続で勝ち取とり、スパースターが乗っているフレームとしても皆さんご存知ですよね。

sagan %e3%82%af%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%88

 

%e5%8e%9a%e6%9c%a8%e5%8e%9a%e6%9c%a8%e3%80%80strava

試乗のルートは神奈川では有名なスポット、宮ケ瀬湖に行ってまいります。こういったルートで試乗をさせてくれるスペシャはとっても太っ腹です。このSTRAVAのルートは渡辺も良く走りに行くのですが、今日の相棒はVenge viasです。いつものコースでスーパーバイクを試せるなんてワクワクしますね。

さて いきますか! って、レーパン忘れました。が何とか…なりました。

 

img_4818  img_4820

宮ケ瀬のインフォメーションセンターに複数の売店がある中、カフェにてランチ休憩を取りました。

注文したメニューは、軽食でちょうどよいボリュームのハンバーガーセット!。素朴な味でオススメです。牛カレーもお肉がこれでもか!というくらいにお皿に盛りつけられていて、とってもおいしそうでした。次回はぜひ食べたいですね。

自転車話に花が咲き、調子に乗ってデザートも食べちゃいました。これもなかなかおいしかったです。

 

img_4821

帰り道行きますよ!今日の宮ケ瀬は気温が16℃でした。ウエアー選びが最も楽しい季節ですね。季節の変わり目は、インナーを重ねたり、長袖にしたり、ベストを活用して温度調整を行いながらのライドがオススメです。ウエアの選び方や着こなしについてはスタッフまで。

じっくりと試乗できましたでしょうか?お疲れさまでした。

2016.10.10

これで雨天も平気!?さらに速くなるおまけ付き!?

言わずと知れたVELOTOZE。(ヴェロトーゼ)

防水、防風、エアロの3拍子の揃ったシューズカバーです!

img_1613img_1618

 

最近は雨天のレース会場での使用率が高まっており、本場ヨーロッパでも使用されるほどの性能。

 

先月の豪雨の日産エンデューロで実際に使ってみたのですが、ソックスが少し湿るくらいで全く不快感はなかったです。

素材がラテックスでシューズ、肌にピッタリ装着するので浸水を防ぎ、防風なので足先も寒くなく、むしろ少し暖かいくらいでした。

メーカー推奨の使用気温が15℃~5℃なので幅広く使うことが出来るのは嬉しいですね!

 

またぺダリンクするときにも突っかかったりする感覚がなく、違和感はありませんでした。

さらにこのシューズカバーはとてもピッタリ装着するので空力もよく、TTでVELOTOZEを好んで使用する選手も増えてきてますね。

(画像はファビアン・カンチェラーラ選手)

velo0003

 

ここまでピタピタなので装着には少しコツがありますが、慣れれば1分程で装着することができます。

dsc_0002dsc_0006

1.シューズ履かずにソックスの上から履きます。

dsc_0010dsc_0028

2.クリート穴からつま先を出していき、シューズカバーを足首まで持っていったらここでやっとシューズを履いて行きます。

dsc_0036dsc_0044

3、シューズを履いたらかかと、つま先の順番でカバーをかけます。 ポイントはシューズカバーのテンションが均一になるように!

dsc_0041

調整したら完成!

注意点

  • シューズカバーを履くときに爪をたてたり強く引っ張らないようにしてください。シューズカバーが切れる原因となります。
  • シリコン、天然ゴム(ラテックス)にアレルギー反応のある方は使用しないでください。
  • 破損を防ぐために鋭利な物との接触を避けてください。

など3点のことを気をつけて使用してください!

8色展開でどれも鮮やかなカラー!

価格は¥2.750-(税抜)になります。

 

雨天の走行や、肌寒い日にいかがでしょうか?

ご来店お待ちしております!

 

2016.10.09

レースレポート JBCF いわきクリテリウム

JBCFいわきクリテリウム

 

日時:9/18

開催地:福島県いわき市

天候:雨

距離:1.63km×26周回=42.38km

出走クラス:E2

結果:4位(出走27人完走14人)

29535943710_9a9c78b32d_b

今回のコースはとてもインターバルがきつく、前5番手位じゃないと脚を使ってしまうようなハードなコースだったので前々で行っていたが、

コーナリングをミスしていまい15番手まで下がってしまう。

前で中切れが起きてしまったので半周ほど宙ぶらりんになってしまったが、脚をあまり使うことなく先頭集団に合流。一気にさらに先頭へ。

展開がなくそのまま周回を重ね、残り14周へ。

集団の速度が落ちたのを見計らい敢えて速度差をつけずにアタック。4周半ほど単騎で逃げたが、この逃げの意図としては

目立ちたかった(笑)&ブリッチしてくる人がいれば逃げ切りを目指し、集団とつかず離れずで逃げていたが

集団から飛び出してくる様子もなかったので、このままじゃ消耗するだけと考え集団に吸収。

 

残り9周回。

29535945520_cffbf8339c_b

ラスト3、2周で再度逃げ切りを計ったアタックを考えいたが思い切りの良い判断が出来なく、

そのままラスト1周へ。

先頭5番手以内を死守することが条件だったがコーナーで焦ってしまい、後輪がスリップ。

位置を下げてしまい10番手でコーナーを立ち上がりスプリントを開始したが、

届かず4位でフィニッシュ。

 

昇格対象の3位以内には入れませんでしたが、積極的レースを進めることが出来、自分の走りをすることが出来たので良かったです。

ただしっかり今回のレースを見直し、次戦に向け修正して勝てるよう練習を積んでいきます。

次戦は、僕が得意とするロードレース!!

いつも惜しいところにいますが、しっかり決めてきます!

cw_iwaki-20

~レース予定~

10/9 JBCF 輪島ロードレース (石川県)

2016.10.04

やっぱりディフィート!

10月に入り、来ましたDefeet。
まずはお約束のスリップストリーム。
sdim1784
Defeet  slipstream ¥3800(税抜)

 

20081111_389352

秋冬に欠かせないオーバーソックス(ニットシューカバー)。
混紡素材をやや厚めに使うことで、カバーとしての保温性を損なわずに
通気性・耐久性・柔軟性を全て持たせた、シンプルかつ画期的な製品。
発売されて10年ちょっと。
それ以前に、はき古した靴下の底を切って使っていたのが大昔のことのようです。

 

組み合わせるのはもちろん。
sdim1793
Defeet duraglove ET ¥3100(税抜)

タッチパネルにも対応しつつ、見た目は相変わらずの軍手。
しかしこちらもスリップストリーム同様、絶妙な混紡と厚みで
暖かく快適なライディングを約束します。晴れた昼間なら、冬でも使う方も多いですね。
私も快晴であれば、気温は10℃以下でも乗れますね。

tom-boonen-team-quick-step-tour-flanders-training-cqs-tdw110301boonen101104cofidis091027cofidis

真冬でも昼間のトレーニングやレースに。
手足の動きを妨げず、厚ぼったさも感じさせません。
そしてこのシンプルな見た目が、通っぽさ・プロっぽさを演出もしてくれます。
ソックスも追加投入!
sdim1794

sdim1795

冬に向け、wooleaterもあります。
sdim1798
ウールの暖かさと防臭性を、この薄さで、この価格で手に入れられるのDefeetだけだと思います。

  • facebook_logo スタッフの目線 公開中!!
  • 安心サポート
  • images   バイクにまつわる体の悩み、これで解決!
  • 48-43608f23039b045d8fd26770b11ad3aaチーム「GROVE港北」熱いです。
  • メンテナンス オーバーホール お気軽にご相談ください!
  • 300x250-RED-WHT-
  • ショップポリシー
  • 自転車購入の流れ
  • イベント
  • カレンダー
  • フォトギャラリー