2013.09.29

街乗り最強?シクロクロスのすすめ

IMG_0867IMG_0873

■SPECIALIZED CRUX SPORT DISC APEX ¥ 240,000-

オーダーを入れてから数か月・・・

TARMACよりもROUBAIXよりも、私はこいつの入荷を待ち焦がれていました。

ポップなグラフィックとは裏腹に、シクロクロスとして高い戦闘力を隠し持つ、SPECIALIZEDのCRUXです!

 

フレーム素材はアルミですが、スペシャのラインナップでも一部にしか使われていないE5アルミ合金が使用されています。

通常のアルミよりも接合部の強度が高くなるという特徴があり、ハードなシクロ競技にはベストマッチ。

泥はねが多かったり、肩に担ぐ場面が多いシクロクロスの特性に合わせてワイヤー類はフレーム内蔵となっています。

 

IMG_0871

シクロクロス車と言えば迫力あるブロックタイヤ!

その太さは700×33cと、ロードタイヤに比べて1センチも幅広。

オフロードもへっちゃらです!

 

IMG_0872IMG_0869

そしてこのCRUX、なんとこの価格帯ながら油圧ディスクを装備しています!

ディスクブレーキ対応のシクロやロードが次々登場している昨今ですが、まだまだメカニカルディスクが多いのが実状です・・・

メカニカルディスクと油圧ディスクでは制動力が天と地ほどに違います!

ロード乗りの方には油圧ディスクの威力を是非味わって頂きたいです。

 

 

ブレーキシステムはSRAMのAPEX相当のグレードを採用。

シマノの場合、油圧ディスク対応のブレーキレバーは現状Di2仕様の物しかないのですが、

下位グレードから油圧レバーがラインナップされているのがSRAMの強みです。

もちろんSRAMならではのダブルタップシフトも健在!

シマノにはない、シフトチェンジを操る楽しさが味わえます。

 

IMG_0868

この様にシクロクロスバイクとして本格的な性能を備えているCRUX DISCですが、

シクロクロス車の特性が生きるのはレースだけではありません!

実は街乗りにもシクロクロスは適しているのです。

ロードに近い高速巡航性、パンクしにくいブロックタイヤ、そして雨天時でも制動力が落ちないディスクブレーキ・・・

毎日の通勤通学にぴったりですね!

そしてたまにはシクロクロスのイベントに参加してみたり・・・

 

ロードとは一味違う楽しさを味わえるシクロクロス、いかがですか?

シクロのシーズンはまさにこれからですよ!

2013.09.24

2014モデル~BMC入荷予定情報!~

数多あるバイクメーカーでも革新的な技術で独自の道を突き進む先進メーカーBMCの2014年モデルが近日中に港北店入荷してきます!

入荷次第詳しいバイクのご説明を致しますので今回は何が入荷予定車体を軽くご紹介!

 

2014年 SLR01 フレーム(画像は完成イメージです。)

asset-9fc82c9f8794630cf2952f431c1bd75a

価格¥441,000- color:TEAM RED

BMCレーシングチームのチームエースのエヴァンスやジルベールも好んで愛用しているバイクでまさに世界で戦うプロのバイクです。

 

しかしここからが一番の注目ポイントでこのフレーム51サイズは既にメーカー完売!(デリバリー前なのに・・・)

51サイズについては2015年モデルの入荷を待つしかない状態です。

しかしながら54,56サイズは代理店に僅かながら在庫があります!

いつ完売するか、全く予断を許さない状況ですのでご検討中の方はお早目のチェックを!

 

早期予約していただいたお客様には5%分に用品をプレゼント致しますのでお早目に~!

 

2014年 SLR02 105

SLR02 WHT

価格¥294,000- サイズ:48 color:RED

フラグシップモデルに当たるSLR01に匹敵する性能を持つお買い得バイクです!

メーカーの展示会で代理店の営業さんが強く推していたのが印象的でした。

 

最後はこちらです↓

2014年 TMR02 105

IMG_0780

価格¥336,000– サイズ:48  color:RED

上位機種と同様の金型でマテリアルやカーボンレイアップを見直して価格を抑えた非常にコスパの高い一台ですね。

上位モデルと違い、フロントブレーキは通常のキャリパーブレーキを装備しているのでメンテナンス性はこちらの方が上かも!?

 

どのモデルもプロチームの意見を積極的に取り入れフィードバックした本物のレーシシングバイク!

ライダーを本気にさせてくれるのは間違いないでしょう!

 

SLR02、TMR02は各一台ずつ、SLR01フレームセットは1本の入荷となっております。

その他のサイズはご予約を承っておりますのでお気軽にお問合せください!

2013.09.24

2014モデル コメンサル入荷情報!

最近やっと涼しくなってきてましたね。

しかし、店内はホヤホヤの2014モデルが続々入荷してくる時期ですのでアツいです。

そんなアツい2014モデルが近々入荷してきます。

ご紹介するのはアンドラ公国のコメンサルでっす!

入荷してくる車体は全部で完成車1台にフレーム2本となっております。

 

まずはこちら↓

META HT AL3 650B (画像は展示会の時の画像です。)

META HT AL3 27.5

価格¥149,800- サイズはSです。カラーは画像の1色のみです。

ラモーンズの後継モデルにして650Bを採用したハードな下りが得意のハードテールです。

これでトレイルに行きたいですね。

 

お次はRAMONES Cr-Mo 26 フレーム  (画像は完成車ですがフレームのみとなっております。)

36c8c9261c98e7c1b7d7d5e14410cdda

価格¥84,800- サイズはSです。カラーは画像の1色のみです。

以前もご紹介しましたが、コメンサルの定番バイクですね。

150mmストロークのクロモリHTでゲレンデからトレイルまで爽快に攻められちゃいます!

毎年人気なので、メーカー在庫があるうちにご検討を!

 

最後はこちらMETA HT Cr-Mo 650B フレーム(画像は完成車イメージです。)

META HT Cr-Mo650B

価格¥89,800- サイズはSです。 カラーは画像に1色のみです。

あのラモーンズの650Bバージョンが登場です。

我が道を突き進む方にぜひ!

 

先日行われたUCIダウンヒルでも見事優勝を決めたコメンサル、旬のブランドです。

下り系MTBが好きな人にはたまらないラインナップ、是非実車を店頭にてご覧ください!

詳しい車体の説明はまた入荷しだいご紹介しますね。

 

ご来店お待ちしております。

2013.09.22

多摩川走ってきました!

IMG_0859

9月21日は初心者ツーリング!二子多摩川まで行ってまいりました。

ご参加いただいた皆様お疲れ様でした!

中には遠方からのいらしていただいたお客様も。

貴重な休日にお付き合いいただいて大感謝です!

 

IMG_0861

この日は見事な秋晴れで、GARMINの温度計は35度を記録しました。

良い天気だったので多摩サイも賑わっていましたね。

道が狭いのでスピードの出しすぎは厳禁です。

蚊柱が大発生していて閉口しましたが、何とかニコタマまで到着!

 

IMG_0863

そして本日の目的地のCHICHI CAFEへ!

二子玉川駅から数分、多摩川のほとりにあるお店です。

多摩サイのすぐ近くだけあって自転車乗りが良く来るのか、バイクスタンドが設置されていました。

ご主人も感じの良い方で、とても雰囲気のいいお店でしたね。

 

 

IMG_0865

お待ちかねのカフェごはん!

ワタシはアジのから揚げ甘酢あんかけ。デザートは白桃のジェラート!

サラダと小鉢までついていて、結構なボリュームがありました。

この日は和風ドライカレーやレンコンのはさみ揚げなどもあり、どれもそそります。

今度こっそり肉を食べに来ようと思います。

 

IMG_0862

今回は二子玉川までの走行でしたが、今度はもっと上流の方まで行きたいですね。

次回の初心者ツーリングは10月後半に行う予定です。

乞うご期待!

2013.09.21

キャノンデール新型SYNAPSE入荷しました!

キャノンデールの2014モデルが続々入荷中です。

今回ご紹介するのは話題のコンフォートバイク、新型SYNAPSE!

IMG_0850 IMG_0851

■SYNAPSE 6 105 ¥229,000→GROVE PRICE!

以前からラインナップには存在していたSYNAPSEですが、EVOやCAAD10に押されて少々影の薄い存在でした。

そんなSYNAPSEが設計を一新され、新登場!

今までのSYNAPSEを遥かに凌ぐ性能を持ち、快適性、走りの軽さともに大幅アップしています!

春のクラシックレースではピーター・サガン選手がこれに乗って大暴れしました。

 

今回入荷したのは105&TiagraミックスのSYNAPSE 6!

ハイモジュラスカーボンを使用している上位グレードに対して、スタンダードモジュラスカーボンを使用したお値打ちモデルです。

IMG_0852IMG_0856

新型SYNAPSEと言えばこれ!開いた穴が特徴的なBB上のパワーピラミッド構造。

横から見ると、いかにも前後にしなりそうな形状になっていることがわかります。

とはいえBB幅を5mm広げた新規格BBシェルの採用で、BB回りの剛性もしっかり確保!

踏み込んでも腰砕けになることはありません!

 

IMG_0855

その上から突き出ているシートポストはなんとΦ25.4mmでBMXと同じ細さ!

主流となっているΦ27.2mmやΦ31.6mmよりもよくしなり、振動吸収性を上げています。

シートクランプはフレームに内蔵され、フレームからの出しろが最大限になるように設計されており

さらにしなりやすくなっています!

最大6センチほど動くという触れ込みで、走行中はグネグネ動いているのが確認できます。

同行者に見せつけましょう!

 

IMG_0857

リアバックやフロントフォークにはキャノンデールおなじみのSAVE機構をさらに推し進めたSAVEプラスが採用されています!

今までのSAVEの横扁平チュービングに加え、捻じれたような複雑な形状になっており、パワーピラミッドと並ぶSYNAPSEのシンボル的部分です。

振動吸収性に優れながらも横剛性が高く捻じれに強いSAVEですが、SAVEフプラスはそれに加えて路面追従性の良さが際立っています。

石畳や下り坂でもバイクが跳ねず、安定感、安心感が大きく違います!

 

他社のエンデュランスバイクが振動吸収材やピボットを利用して快適さを上げているのに対して、

SYNAPSEは様々な部分をしならせて振動を吸収するのが特徴です。

だからと言って柔らかくて進まないバイクというわけではなく、実際に試乗した際もよく進むバイクという印象を受けました。

それなりのスピードを保ちつつ長距離や悪路を走らなければいけないような状況では相当有利に立てるバイクだと思います。

長距離志向のライダーやブルベを志す方に強くお勧めしたいバイクです!

2013.09.16

SPECIALIZED 2014 DEMO8遂に完成!

先日の記事でお伝えしていた組立中のDEMO8が遂に完成いたしました!!ご覧くださいっ!!!

 

DEMO8_1DEMO8_2

 

ネオンイエロー×メタリックブルーとインパクトのあるカラーリングのフレームで、パーツのカラーチョイス

はオーナー様と悩んだ結果、ブラックパーツでフレームカラーを主役に!

画像を見てシビレた方も多いのでは!?かっこよく仕上がり過ぎてしまいました(笑)

注目はスペシャライズドだけのオーリンズTTXリアユニットとAIR SPRINGになったFOX、40FLOATです!!

ユニットは以前も軽くご紹介しましたが、フォークもヤバいです!

スプリングをコイルからエアーにするだけでなく、クラウン、ロワーレッグなどを新しく作り直し、なんと!476gもの軽量化を達成しています!

 

DEMO8_5DEMO8_6

 

ドライブトレインはコスト重視でSHIMANO ZEE 低価格ながら性能、剛性共に申し分ありません!

ブレーキシステムは走りに直結するので、迷わずSAINTを選択、抜群の制動力でサポートしてくれます。

チェーンデバイスは定番のe13 LG-1+、ペダルは大きな踏み面で安定感のあるSTRAITLINE DE FACT、しかも差し色で唯一のホワイトです!

前後ホイールはSAINTハブにダウンヒルの定番リムMAVIC EX823、DTスポークの組み合わせで信頼性の高い仕上がり!

タイヤはCONTINENTAL DER KAISER PROJECT26×2,4今期のワールドカップで最多勝利を挙げているタイヤです。

 

DEMO8_8DEMO8_4

 

ステムはペダルと同じくSTRAITLINE、ハンドル、サドルはRACEFACEのATLASシリーズ!

カナディアンブランドでそろえてみました!ワタシの好みが少し出てしまっていますね・・・

本日、台風通過後に納車させていただきました、自走で帰られたので無事に帰宅された事を祈っております(笑)

 

2013.09.15

BERNER セラミックプーリーケージ入荷!

IMG_1670

BERNER セラミックプーリーケージ ¥58,800

(シマノ7900、6700、9000、6800用)

 

毎回仕入れるたびに即完売となってしまう,BERNERのプーリーケージですが入荷することができました。

 

5.85Wものエネルギー削減になるという触れ込みで、トッププロ選手にも使用者が多い逸品です。

しかし5.85Wといってもパワーメーターなしではピンときませんよね。

BERNERと言えば大口径のプーリーですが、本日はこのプーリーがどれだけの働きをするのか解説してみます。

 

実は自転車の部品で一番回転している部分はRDのプーリーだということをご存知ですか?

例えば、シマノの純正プーリーは上下とも歯数11Tですが、これにフロント50Tのコンパクトクランクを組み合わせて

ケイデンス90で回した場合、その回転数は毎分50÷11×90=約409回転にもなります。

ペダリング時限定とはいえ、これはホイールよりも多い回転数です。

 

BERNERについているプーリーは上側が13T、下側が15Tです。

先ほどと同じ条件で回転させると

上側が50÷13×90=約346回転=>-15%

下側が50÷15×90=約300回転 =>-25%

最大-25%も標準のプーリよりも、回転数が少なくできます。

 

 

さらに、BERNERにはプーリーの軸受けには、セラミックベアリングが使われています。

ご存知のようにセラミックベアリングは非常に滑らかに回るのですが、シマノの場合そもそもプーリーにはベアリングが使われていません。

言うまでもなく、これは非常に大きなアドバンテージになります。

 

そしてプーリーを純正の11T→15Tと大径化することにより、チェーンの曲りが浅くなるという利点も生まれます。

曲りが浅くなると言う事はコマ同士の擦れる量が少なくなり、摩擦抵抗が減ると言う事。

これらの工夫で極限まで摩擦抵抗を減らした結果が、5.85Wという数値なのです。出来る男は回転部にこだわる!というキャッチコピーがあるほど。

使うギヤが1枚軽くなるとか・・・回転部のアップグレードに最適ですヨ!

2013.09.12

BMC 2014モデル情報!SLRシリーズ

自転車業界では9月から10月にかけて各社のニューモデル展示会が一斉に開催されます。

当ブログもしばらくは2014年モデルの紹介記事ばかりになると思いますが、ご容赦願います。

 

さて、今回は当店イチオシ、スイスのレーシングブランド『BMC』のニューモデルのご紹介です。

SLR01teamredSLR01 ステルス

・SLR01 DURA-ACE Di2 ¥1,260,000- (フレームセット¥441,000)

 SLR01 ULTEGRA ¥525,000-

 

今年度の目玉はなんといってもリニューアルされたSLR01でしょう!

今年の5月のデビュー以来、ジロ・デ・イタリアで総合3位、ツアーオブカリフォルニアで総合優勝、

現在開催中のブエルタでもステージ優勝を果たすなど短期間の間に凄まじい成績を残しています。

 

見た目は今までとあまり変わらないですが、中身は本当に別物です!

SLR01 トップチューブ

54サイズ、塗装済み、小物装備の状態でフレーム重量780g。(旧SLR01 は860g)

超軽量フレームだけあってチューブはかなり薄いですね。

トップチューブを指で押すとペコペコするほど(割と力を込めてですが)。

しかし、後述するようにこの薄さでは考えられないほどの剛性を実現しているのだとか。

チューブ内部はバリ取りがなされており、軽量化に一役買っているそうです。

 

SLR02 シート接合部SLR01 非対称チェーンステー

フレーム設計は3万4千通りものパターンを徹底的に検証し、最終的に採用されたもの。

シートチューブよりも太いトップチューブや、左右非対称のチェーンステー、逆テーパーのヘッドチューブ、

ISCを最大限に生かすかまぼこ断面形状のシートポスト(もちろんTCC採用)などなど・・・

これらは見た目のインパクトを狙ったものではなく、剛性と快適性の向上、そして軽量化の為の合理的なデザイン。

合理性を追求した結果、極めて独創的な形状になったというのはBMCの製品すべてに通じるところです。

 

そして見た目だけでなく、中身のカーボンのレイアップも練りに練られたものとなっています!

快適性には優れる反面、スプリンターには多少不評だったという従来のSLR01と比較して、重量対剛性比はなんと50%もUPしているそうです。

その上快適性も決して犠牲になっておらず、乗れば乗るほど良さがわかる仕上がりになっているとのこと。

レースでしのぎを削るもよし、ツーリングを楽しむもよしの万能バイクですね!

 

SLR02 RED

・SLR02 ULTEGRA ¥420,000-

 SLR02 105 ¥294,000-

そのSLR01の廉価版となるのがSLR02。

フレーム設計は全く同一で、カーボンのグレードとワイヤーが外装であることのみが変更点です。

Di2にも対応。

 

これがまた非常に良いバイクで、剛性対重量比は旧SLR01よりも40%向上、フレーム重量は990g。

重量以外のスペックは従来のSLR01の性能を完全に凌駕してしまっています。

このバイクが29万4千円というのはちょっと信じられません。

去年SLR01を買えなかった人は逆にラッキーだったかも・・・

 

両モデルとも、デリバリーは10月末に開始の予定。試乗車のご用意も検討しています。

例年品薄必至ですので、検討中の方は早期予約をオススメ致します!

  • facebook_logo スタッフの目線 公開中!!
  • 安心サポート
  • images   バイクにまつわる体の悩み、これで解決!
  • 48-43608f23039b045d8fd26770b11ad3aaチーム「GROVE港北」熱いです。
  • メンテナンス オーバーホール お気軽にご相談ください!
  • キャプチャ  
  • ショップポリシー
  • 自転車購入の流れ
  • イベント
  • カレンダー
  • フォトギャラリー