2013.07.30

質実剛健のアルミロード!ALLEZ COMP先行入荷

写真 1 (1)

SPECIALIZED ALLEZ COMP(2014) ¥144,000 

安くてよく走るフレームということで人気の高いALLEZ。

1300gというアルミにしては軽量なフレーム重量、最上位モデルに匹敵する剛性など、

レーシングバイクと呼ぶのにふさわしいポテンシャルを備えています!

お金のない学生レーサーの方々なんかには特にオススメのバイクです。

後々パーツをアップグレードしていくベース車両としても優秀なので、ロード入門にも最適!

 

写真 3

先日ご紹介したALLEZ RACEとは趣の違う塗装です。

マットな質感で一見カーボンフレームのようですが、歴としたアルミ。

黒と水色の取り合わせが涼しげで、この夏にはぴったりですね。

ところでこのカラーリング、実はモチーフがあるんです。

 

写真 2

レースに詳しい人ならピンときたかも知れませんね。

SPECIALIZEDが機材を供給しているオメガファーマ・クイックステップのチームカラーです。

オメガファーマのチームジャージを着てこのバイクに乗れば、気合いが入ること間違いなし!

 

写真 1

コンポーネントはSTI、リアディレイラーが105、その他の部分はティアグラやオリジナルブランドという構成。

高額パーツのSTIが105なのは嬉しいですね。

AXISのブレーキはグロッシーグレーな色合いで見た目はカッコイイです。

とはいえ、制動力を求めるなら105あたりのブレーキにアップグレードした方が良いと思います。

 

円安の影響により大幅値上げが予想された2014年モデルですが、ALLEZ COMPはかなり値段を抑えてきました。

他社と比較してもコストパフォーマンスは抜きんでているのではないかと思います。

2013.07.29

小粋なバーテープ!

写真

チネリのバーテープが何点か入荷しております。

等高線柄のモチーフや、ドクロをあしらったデザインなどバリエーション豊富なチネリのテープですが

個人的にお気に入りなのがコレ!

 

 

写真 2 (1)

一見オーソドックスな革風テープですが、穴の中はとってもカラフル!

カレイドリボンの名前通り、万華鏡のような雰囲気のテープです。

 

見た目ももちろんですが、定番のチネリのバーテープだけあってクッション性、巻きやすさともにGOOD!

白と黒を取り揃えておりますので、お好みでチョイスしてください。

 

チネリ カレイドリボン ¥2940

2013.07.28

横須賀ネイビーバーガーごちそうさまでした!

昨日はツーリングイベントで横須賀・観音崎まで行って来ました!

最近のイベントは雨天中止が多かったので、今回は気合いを入れて走りました。

梅雨でたまった鬱憤を晴らすかのような熱い走りができたのではないかと思いますが、皆様いかがでしたでしょうか!

 

写真 2

今回の参加者は9名!

写真の車体は全部今回の参加者のバイクです。

観音崎公園のガードレールを埋め尽くす自転車たち・・・圧巻ですね。

 

写真 1

その中でも一際目立っていたK様のBMC GF01です。

やっぱりBMCはカッコイイ・・・

グリーンのスピードプレイもフレームカラーとうまくマッチしていますね!

ブルベへの参加もお考えだとか。その際は是非ご一緒させてください!

 

写真 2 (1)

お待ちかねのハンバーガーです。

パティ、ベーコン、チーズ、目玉焼き、タマネギ、レタス、トマトが入ったその名もジョージ・ワシントンバーガー!

想像していたよりもかなり大きくて、今回の走行で消費したカロリーが全部チャラになってしまった感。

しかしとってもデリシャス!肉が香ばしい上に野菜たっぷりなので、無理なく食べきれましたよ!

関係ないですが、座敷でハンバーガーを食べるのはちょっと新鮮な感じでした。

 

写真 2 (2)

次回のツーリングイベントはちょっと遠出してみようと思っています。

詳細が決まり次第記事をアップ致しますのでよろしくお願いします!

2013.07.27

古き良きワイヤーケージ。

皆さんはKING CAGEってご存知ですか?

king_cage_logo

キングコングをもじった画像で簡単に察しが付きますよね、CAGEといえばボトルケージ!しかし!ただのボトルケージじゃありません。

MADE IN USAにこだわり抜いた逸品なんです!まずは商品を見てみましょう。

kingcage

KING CAGE / Stainless steel CAGE  ¥2100- / 48g

kingcage1

横から。

kingcage2

ロゴアップ。(ロゴも刻印で素敵です。)

画像では実物の質感や色味がなかなか伝わりづらいですが、実物はかなり渋い仕上がりとなっております。

クラシックなバイクでの使用率が高いのも納得の逸品!

ブランド自体は1991年にtitan製ボトルケージから始まり

1996年に今回ご紹介しているstainless製のボトルケージの製作、販売を開始し現在に至ります。

MADE IN USAへのこだわりは材料から生産までトコトンこだわっています。

材料は、MADE IN USA!もちろん製作もMADE IN MY GARAGE!?(笑)

22年間変わらない商品を提供してくれているKING CAGE!是非店頭でご覧になって下さい。

虜になる事間違いありません!!

2013.07.25

SPECIALIZED DEMO8 Aaron Gwin’s Special!!

巷では各社2014モデルの情報が飛び交っていますが、みなさんはビビビッ!と来る出会いはありましたか?!(笑)

個人的に気になっているのは以前の記事で取り上げたSPECIALIZED DEMO8!!

モータースポーツ界では知らない人はいない“オーリンズ社”製ユニット搭載モデルが満を持してリリースされました。

2014_demo8

DEMO8専用セッティングで最適化されていますので各調整ダイアルのクリック数も簡略化されており

セッティングの迷宮入りから解放されそうです。スプリングも他社がほとんど50lbs刻みに対して約半分の24lbs刻み!

より細かいセッティングが可能になった模様です。

と、脱線してしまいましたが、、、

タイトルの通りSPECIALIZEDに乗るDH RACER“Aaron Gwin”のプロトタイプDEMO8の記事を発見いたしました!

 

http://www.pinkbike.com/news/Aaron-Gwin-Prototype-Demo-Race-Bike-Andorra-World-Cup.html ← PINKBIKE

 

チェーンステイ長が19mm長くなって440mmになっているとの事です!

開幕戦から不振でバイクサイズを変えたり、あれこれやっていたGwinですが、これで一発逆転を狙うって訳ですね~

DH RACING BIKEとしては最短のチェーンステイが特徴のDEMO8ですが19mmの延長でどうなるのか非常に興味津々です!

因みに、今週末開催のUCI MOUNTAIN BIKE WORLD CUP ANDORRAにて実践投入される予定です。

 

気になる結果は7月28日(日)PM10:15よりRed Bull TV LIVEにてチェック! ← Red Bull TV

2013.07.25

実はお買い得なBMC!?

ちょっとお値段が張るイメージのBMCですが、実はとってもお値打ちな価格設定なこと、ご存知ですか?

 

slr01_teamred_duraace_di2

BMCのオールラウンド系ロードモデルには、値段の高い順からImpec、SLR01、RM01、SL01の4種類があります。

一番人気のSLR01は、2011年のツールドフランスを制しBMCの名前を一気に高めた名機。

カデル・エヴァンスはImpecではなく、あえてSLR01でツールを走り通し、念願の総合優勝を成し遂げました。

 

このSLR01、フレームセットの価格は¥357,000(デュラエース9000完成車で¥567,000)。

ツールで優勝するほどの自転車がこの価格で!欲しくなってきませんか?

 

 

そのSLR01をコストダウンしたものがRM01です。

写真 1

個人的にはこのRM01こそがBMCで最も『買い』なんじゃないかと思います。

何といってもフレームの前三角はSLR01と全く同じものを使用しているんです!

それ以外の違いはというと、シートステーにTCCテクノロジーを使用していないことと、フロントフォークの素材を変えてあることだけ。

 

RM01とSLR01を比べると、シートステーの振動吸収性こそわずかに譲りますが、それ以外の性能はほとんど変りません。

むしろヒルクライムではRM01の方が上かもしれないと開発者が語るほど。

それでいながら完成車価格はULTEGRA6700仕様で¥357,000。(フレーム単体販売はありません)

どう考えても安い!ですよね?

そんなRM01も既にメーカー完売となっておりますが、当店にはアルテグラ仕様の店頭在庫がございます!

しかもサイズは日本人でも乗りやすい50。適応身長は170cm~180cmくらいでしょうか。

ラスト一点、早い者勝ちです!

 

※BMCは他社とサイズ感が若干異なる為、購入前のサイズ選びが非常に重要です。

当店では入念な事前フィッティングの上で最適なサイズのご提案をいたします。

サイズでお悩みの方はスタッフまでお尋ねください!

2013.07.22

スペシャライズド2014モデル展示会行ってきました。

今回の展示会は我らが神奈川県、日産のお膝元厚木で開催されました。

ロードバイク、マウンテンバイクのモデルの説明を受けながら最新バイクをたくさん試乗してきました。

ロードバイクは3本柱のTARMAC、VENGE、ROUBAIXとALLEZ、女性モデルのAMILA。

 

マウンテンバイクはEPIC、スタンプジャンパー。

ホイールではカーボンディープホイールのRAPIDE CLX 40/60

ヘルメットではエアロヘルメットのEVADE、TT2

 

小物も面白グッツが盛りだくさん。

毎年毎年、マイナーチェンジをしながら新しいモデルを発表するスペシャライズドに敬意を表します。

私が見たのも、試したものを徐々に紹介していきたいと思います。

まずはヘルメット

IMG_1514

TT2 ¥26,250

IMG_1521

このヘルメットはトライアスロン、TT、お仕置きで使われます。

F1で有名なマクラーレン社と共同開発をしたそうです。

流体力学の技術の分野では自転車用品においてはまだまだ改善の余地があるとの事で、ますます今後の機能向上に期待できます。

IMG_1519

これはエアロヘルメット。少しでも速くはしりたいっ。と言う方にどうぞ。

トライアスロンなどに向いていると思います。

EVADE ¥26,250

2013.07.18

ALLEZ RACE 限定カラー入荷!

写真 1 (3)

ALLEZ RACE(アレー レース) 限定カラー入荷しました。

塗装は艶ダークトリコロールなので大人っぽいカラーリング!現在開催中のツールドフランスの国旗カラーでもあります。

 
 

ALLEZについてはスペシャライズドが威信をかけ製作しているアルミのロードバイク。

フレームの形状/寸法(スケルトン)はS-WORKSのTARMCと同じ最新のスケルトンでもあるので、

バイクを買い替えると1からやり直しになってしまうポジションの見直しなど全く心配ありません。

ロードバイク入門はアルミのALLEZ、カーボンのSL4を経ていつかはS-WORKSにするなんて・・・理想ですね。

 

それまでのバイクと一緒に作り上げてきた財産を引き継ぎながらも、乗り続けられる数少ないモデルです。

試乗の感想ではマイルドな乗り心地でありながらしっかりと走る芯の強さがありました。

CAAD10と並ぶベストセラーの予感。

 
 

写真 2 (2)

フレームの材料がE5からE5プレミアムに変更。強度を上げつつ軽量化が行える材料を添加しました。

BBの形状は主流になってきたBB30です。

 

ALLEZ SMART WELD

↑これが、今回のモデルチェンジした目玉ですね。

ハイドロフォームでヘッドチューブ周辺の一体成型。そして、スマートウェルド(きれいな溶接)のおかげで溶接面の簡略化と軽量化。

後輪のブレーキケーブルもフレーム内蔵式。

価格のバリエーションも¥99,00~¥179,000と豊富。

 

 サイズ:52

価格:¥179,000(税込)

  • facebook_logo スタッフの目線 公開中!!
  • 安心サポート
  • images   バイクにまつわる体の悩み、これで解決!
  • 48-43608f23039b045d8fd26770b11ad3aaチーム「GROVE港北」熱いです。
  • メンテナンス オーバーホール お気軽にご相談ください!
  • キャプチャ  
  • ショップポリシー
  • 自転車購入の流れ
  • イベント
  • カレンダー
  • フォトギャラリー