2017.08.18

MAVICホイールクリアランスのご案内

2017年モデルのクリアランスです!

数量は現品限りの1点もの、軽量ホイールからミドル、ディープホイールまでご案内できます。

ホイールSALE

ホイールの買換えは、自転車を選ぶことと同じくらいに楽しく、カスタマイズした後のバイクの変化が劇的に変わります。オススメのクリアランスモデルは3モデルです!コーナーリングのスキルもサポートしてくれる、ホイール専門ブランドMAVICいかがでしょうか?

 

 

IMG_4234

MAVIC COSMIC CARBON EXALITH F/R45mm ¥220,000(税抜)→¥176,000(税抜)CASH PRICE 20%OFF

実は、細かくマイナーチェンジしており、エアロスポーク、ワイドリム45mmになりました。ブレーキ面がアルミのスリット加工がされ、雨天でもドライと近しいブレーキフィールで安心。ディープホーイール初めての方でも扱いやすいモデルです。価格もこなれているので、耐久レースやトライアスロンなどイベントの時にディープで、普段はローハイトリムの使いこなし…など。一度は使っておきたいホイールです。

 

 

IMG_4241

MAVIC COSMIC PRO CARBON SL F/R40mm ¥320,000(税抜)→ ¥256,000(税抜)20%OFF

ご成約ありがとうございました。次回のライドイベントは足回り一新した状態で来てください。

 

40mmフルカーボンクリンチャーホイールです。リムもワイドリム化より空力向上し、コーナーリング時のハンドリングが改善されています。ブレーキの制動力も申し分なく、扱いやすいモデルです。普段使いからイベントでもガンガン使ってもOK。へこたれない強さと信頼性の高いMAVICのディープホイールです。ペダリング時は硬めの乗り味ですが、高い速度域になるとマイルドな反応に変わるので、ハンドリングに集中できること間違いなし。

 

 

IMG_4314

MAVIC KSYRIUM PRO CARBON SL C F/R25mm ¥280,000(税抜)→¥224,000(税抜)20%OFF

走る時は郊外で山間部が多いかも…ホイールの反応や転がりのレスポンスの良さが欲しい方に向いているホイールです。スポークも平打ちの鉄スポークのため、しなやかさと粘り強さが売りの作り。登り坂を走っているとき、リズムを教えてくれるホイールです。リムもワイドになり下りセクションでもふらつきにくく、安定感のある軽量ホイールはさすがのMAVICバランス!

 

こちらのクリアランスモデルは、現金特価でのご提供です。どれも1点ものです!お急ぎください!

2017.07.02

ディープリムにしてみよう 2

1はこちら

 

リム高の意味をおさらいしてみたいと思います。

bicycle_wheel_aerodynamics

ホイールは回転するたびスポークで空気をかき回しています。

画像のスポーク部分で等間隔に色がついています。かき回した空気が波打つように流れています。

これは単純にスポークが短ければ減らせる抵抗です。

Aerodynamics_OvalStreamlinedVersusRoundWishbones

断面形状による違いを示した画像です。

進行方向は左、上がディープリム・下がローハイトリムと見なすと

ディープリムの方が整流効果が高く渦を巻いていないので、速度の維持が楽になると言えます。

main-qimg-f5827a37b147219497a6f08f0bbb3352-c

これも同様の内容です。

正面からの風に対しては形状的にディープリムが有利であると言えます。

「でも外を走ったら横風や斜めの風もあるし、風向き変わるし、自分の向きも変わるじゃない」

ごもっとも。なので形状について各メーカー各モデル、

ディープかつ横風の影響を抑えるべく研究しています。

FLO_Fairing_History

左から右に向かって世代が新しくなります。尖った三角形がなだらかな丸みを持たせるようになり

横風の時に壁にならないよう、風の抜けが良いようになってきました。

 

「でもディープリム高額なモデルも多いし、競技志向じゃないし、まだ買わなくていいかな…」

自転車の場合、こうした計測上の空気抵抗の違いは時速20㎞で表れてきます。

速度を出さないと役に立たないなんてことは決してありません。

 

 IMG_4241 IMG_4234 IMG_4232

見た目と機能と価格、バランスの良いところを在庫しています。

まだ早いと思っていたディープリム、今一度ご相談ください。

 

ちょっとした裏技。前ローハイトの後ろディープ、の合わせ技。

使いやすいディープリムが増えたのであまり見なくなりましたが

IMG_4221

計測的にはあまりアドバンテージは無いのですがペダリングの感触とスピード感はディープリム、

ステアリングはローハイトという、体感的においしい組み合わせ。

買ったらまずはこれで楽しんでみるのも手ですよ。

2017.06.27

ディープリムにしてみよう 1

AACRや富士ヒルが終わりましたが、まだまだシーズンはこれからも続きます。

ヒルクライムにロングライド、ブルベにクリテリウム…

そのまま秋以降はシクロクロスに挑戦という方もいらっしゃいます。

 

参加するお客様も多く、グループで参加しやすいのがサーキットレース。

比較的安全で、様々なレベルの方が楽しめるイベントとして定番です。

舗装も良く、高低差も少ないサーキットはまさにディープリムの出番です。

 

IMG_4212

25mm 基本の高さです。

軽くて乗りやすいですがサーキットのように加減速が少ないと活かしきれない気がします。

普段使いや、アップダウンのあるルート、加減速が必要な時に軽さを活かしたいです。

 

IMG_4204

40mm 高すぎず、低すぎずの万能感からすっかり定番化したサイズ。

カーボンクリンチャーの進歩もあって、重量増にもなりません。

 

IMG_4216

60mm これぞディープ!な見た目が大事ならこれ位あるといいですね。

少し重量が出ますが、平坦路の伸びは誰もが感じることが出来ます。

 

ディープリムのメリットはザックリ言うと

高さが増せば「空気抵抗低減によって効率的に回転する=進む≒速度が出しやすい」ということです。

スポークが短くなり、よりレスポンスの良さを実現したモデルも多いです。

一方あえてスポークが短くならないよう設計し、乗り心地を損なわないよう工夫したものもありますね。

 

デメリットとして「ディープリムは横風に弱い」から乗りにくい・テクニックがいる、

などと言われることが多かったですが

リム幅のワイド化や断面形状のラウンド化で横風対策は十分されています。

少し斜めや横向きに風が吹いている位なら、帆船のように押される感覚すら覚えます。

 

サーキットや平坦路メインなら50mm以上、

公道でのレースやイベントなら35mm以上から選ぶと使いやすいと思います。

 

2へ続きます。

2017.05.21

快晴、三浦に行ってきました

IMG_5447

休みの合間を縫って三浦に行きました。7月の8時間耐久レースにお客様と出ることになり、あわてて走りこみ始めました。毎年行事の富士ヒルを今年はパスしたため、5月はのんびり、じっくり走れるのでほっとしています。三浦は自宅からも近く、地形もフラットと若干の上り下りがあり、楽しいルートです。

 

IMG_5473

これは通りすがりの葉山漁港。風も少なく気持ちよいです。

 

 

IMG_5469

ちょうどROVAL CL40をじっくりと乗りたいこともあり、5月に入り三浦へは、すでに3回ほど遊びに行きました。写真も3回分です…。CL40はフラットの高速度域、時折あらわれる登坂など軽くこなせ、反応も良く、ブレーキも効く万能選手です。初めてのカーボンホイールとしても安心して使え、お勧めです。

先代のモデルCLX40より、スポークがレボリューション(CLX40)からコンペティション(CL40)に変更されているため路面の凹凸を拾う反面、反応は抜群によいという悩ましい仕様です。体重が65kg以下の方でしたらレボリューションへのスポークの交換がオススメです。ご相談ください。

IMG_5444 IMG_5453

5月の上旬には三浦の海で、ウインドサーフィンのワールドカップシリーズ戦がありました。ウインドサーフィンには、一度しか乗ったことはありませんが、自転車と近しい面白さがあり色々な種目があるようです。会場にはマッチョな外国人選手がたくさんいましたが、肝心なレースは風が吹かない為ウェイティング…トップクラスのレースを見たかった!

2016.12.02

ROVAL CL40 スペシャルプライス!数量限定

157587 157564

フルカーボンクリンチャーホイールです。

軽量、ワイドリム内幅16.2mm、DTステンレススポークとツールでも実際においても「使えるホイール」であることを実証ずみですね。昨年のモデルよりベアリングをセラミックスピードからスティールベアリングに変更し、価格をお手頃に見直しました。性能はそのままで、安心のカーボンクリンチャーホイールはいかがですか?

総重量:1480g

モデル:ROVAL RAPIDE CL40

リム高さ:40mm

適用タイヤ:クリンチャー 

¥183,600(税抜) →GROVE価格 ¥156,060(税抜)

お支払い条件:現金特価または、ショッピングローン

大人気のホイール、数量限定でご予約お待ちしております。

 

ROVALのシリーズは最近の標準規格になりつつある23mmのワイドリム、24,25、26C等の太めのタイヤにも相性抜群です。さらにS-WORKS TURBOとの組合せは、専用設計であるため最高の組み合わせです。

2016.11.18

FULCRUMカタログ入荷。

unnamed

unnamed

おっ 流行りのカーボンクリンチャー!

 

unnamed

ブースト規格に対応!

 

気になる方・カタログの欲しい方は気軽にご来店下さい。

住 所    〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号              045-716-9328

FAX                     045-716-9329

営業時間              11:00~20:00

定休日                  毎週水曜日、木曜日

※祝祭日は営業致します。

2016.09.27

軽い!強い!太い!

来ましたよ。

imgp2546

 

Roval Rapide CLX32 F/R ¥255,000(税抜

 

新製品が少なくなった、軽量ローハイトホイールです。

フロントはスポーク16本で550g、リアは24本で730g。

リムで400g以下。ヒルクライム専用ホイールと言っても不満なし。ですが…

ここであえてスペシャライズドが出してくるからには軽いだけじゃない。

imgp2544

カーボンクリンチャーだけで驚く時代はもう終わり?

imgp2545

ワイドなリムは、内幅21mmで空力にも優れ、CX(シクロクロス)にも対応する強度も達成。

ということは、普段使いができて練習から通勤でも楽しむことが可能。

クリンチャー/チューブレスでタイヤを変えて様々な場面に対応。

高性能な結果、出番が多くなりそうな素敵なホイールです。

 

2016.09.01

MAVIC HAUTE ROUTE限定モデル

スイス・ジュネーブをスタートし7日間かけアルプスの名だたる峠を乗り越え…フランス・ニースのゴールを目指す…

世界で最も過酷なアマチュア自転車レースで知られる、「オート・ルート」にインスパイアされて誕生したホイール、

MAVIC HAUTE ROUTE!

オートルート

 

リム幅:17mm 、リム高さ(前後):25mm、付属タイヤ:25C

重量:1,390g ※付属されるホイールケースも限定です!

カーボンリム

リムのブレーキ面には特許技術のレーザー加工「iTgMax」を施すことによってカーボンながら高い制動性能を有するとともに、

ハードブレーキングの温度上昇による破損を抑えています。起伏の激しい場面やクリテリウムなどのストップ&ゴーにも対応することでしょう。

 

一番の驚きなのが、セラミックベアリング搭載モデルなのです。これは、MAVICとしても新たな試み?

そんな、さまざまなシチュエーションで活躍するMAVIC HAUTE ROUTE在庫が「1セット」ございます!!

2017年モデル

MAVIC HAUTE ROUTE限定モデル/ホイール
キシリウムプロカーボンSLクリンチャー
価格:280,000円(税別)

  • facebook_logo スタッフの目線 公開中!!
  • 安心サポート
  • images   バイクにまつわる体の悩み、これで解決!
  • 48-43608f23039b045d8fd26770b11ad3aaチーム「GROVE港北」熱いです。
  • メンテナンス オーバーホール お気軽にご相談ください!
  • キャプチャ  
  • ショップポリシー
  • 自転車購入の流れ
  • イベント
  • カレンダー
  • フォトギャラリー