2018.06.07

【本日の作業】ESIグリップバーテープ

世界で初めてシリコン製グリップを世に送り出した【ESI GRIP】

MTB業界では以前からかなりメジャーな製品である【ESI】、ロンドンオリンピックのクロスカントリーレースでの使用率40%と非常に高い使用率!XCOレースでの優勝者も使用していたりでかなり話題になったブランドです。

ロードバイク(特にロングライドを好む方)、シクロクロスのライダーにはこれぞといった

お勧めのバーテープになっています。¥5,700の価格ながら納得いくはずです!!

ESI RCT WRAP (2)

【ESI】よりラインナップされているバーテープ【RCT WRAP】

【1】100%マイクロセルラーシリコン(材質内に微小の気泡を作りクッション性を持たせたESI GRIPの特殊シリコン)を使用することにより、抜群の振動吸収性!

ESI RCT WRAP (1)ESI RCT WRAP (6)

↑比較的引っ張って巻いている状態、もっと柔らかく巻くことも可能です。

 

【2】シリコンそのものが滑り止めの効果が高いことから、ライディング時の抜群のグリップ性能。また、一般的なバーテープのように糊を使うことがない為、何度でも巻直しが可能。

【3】平行四辺形の特徴的な断面形状でハンドルに巻いた際フラットにすることができます。

ESI RCT WRAP (3)

実際に触るとそのグリップ感ともっちりした感触がわかります。

店頭に巻いたサンプルがありますので是非確かめにご来店ください。

 

【4】伸縮率が非常に高く、巻く際の加減で好みの厚さ・柔らかさで巻くことができる。

ESI RCT WRAP (4)ESI RCT WRAP (5)

↑ 右:引っ張っている状態。幅とともに厚みも薄く巻くことが可能。

 

 

esi

RCT-Wrap-BKjpg

↑ 【ESI GRIP RCT WRAP】 ¥5,700(税別)

Grip-ch

Grip-re-colors

↑ 【ESI CHUNKY GRIPS】 ¥2,200(税別)  Φ32㎜

【ESI RACERS EDGE】 ¥2,100(税別)  Φ30㎜

 

バーテープもグリップも非常に色鮮やかであなたの愛車をドレスアップするとともに

振動吸収性、グリップ感を手に入れることができますよ!!

 

 

住 所    〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号              045-716-9328

FAX                     045-716-9329

営業時間              11:00~20:00

定休日                  毎週水曜日、木曜日

 

2018.05.18

【MTBカスタム】リアサスペンションユニット交換

こんにちはGROVE港北店の遠藤です。

 

マウンテンバイクのリアサスペンションユニットの交換をさせていただきました!

GROVEは元々マウンテンバイクを専門としていたショップですので、

ユニット交換や、油圧ブレーキのメンテナンスなどMTBの作業をさせていただくときには

いつも以上に張り切ってしまいます!!

INTENSE SPIDER FOX (1)

2012モデル INTENSE SPIDER26

RAWカラーが抜群にかっこいいフレームです。使い込まれて擦れる部分が

徐々に輝いてくる成長を楽しめるフレーム

INTENSE SPIDER FOX (2)

このような溶接のビードなんてたまりませんね☆

INTENSE SPIDER FOX (4)

FACTORY FLOAT DPS 3POS-ADJ (カシマコート)

こちらに交換を致します。最後に全体の写真をご覧いただきますが、

フロントフォーク、リアユニット、ドロッパーポストの3点セットで

FOX製品がインストールされることとなりました。

INTENSE SPIDER FOX (3)

フレーム取り付け部の幅が車体ごとに異なるため、

それに合ったマウンティングキットを取り付けます。

INTENSE SPIDER FOX (6)

全体の写真がこちら、3点セットでFOX製品が入ることとなりました。

カシマコートの滑らかな動きがたまらなく気持ちのいいです。

 

MTBのメンテナンス、カスタムなどお気軽にご相談ください、

ご連絡お待ちしております。

 

住 所    〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号              045-716-9328

FAX                     045-716-9329

営業時間              11:00~20:00

定休日                  毎週水曜日、木曜日

 

2018.04.23

【ワークショップ】パンク対処講習

ここ数日温かいを通り越して暑い日が続いていましたね。

ご来店されるお客様のウエアーはすっかり夏仕様となっています。

さて、もうすぐゴールデンウィークとなりますが、ツーリング等で遠出をされる方も

いらっしゃると思います。ライド中最も起こりうるトラブルが【パンク】です。

パンク修理を経験したことがない方には気が重いかと思いますが、思ったより簡単に

修理対処できるものです。以下日程にてパンク対処のワークショップを行います。

パンク対処講習

ご参加希望のお客様は、電話、メール、ご来店などなんでもかまいませんので

参加表明をお願いいたします。先着順にてお申し込みとさせて頂きます。

ご参加心よりお待ちしております。

 

住 所 〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号 045-716-9328

FAX 045-716-9329

営業時間 11:00~20:00

定休日 毎週水曜日、木曜日

2018.04.20

【メンテンンス】チェーンリング・チェーン

定期的にチェーンの伸びを確認していますか?

ペダリングバイクに伝えた力がチェーンリングにかかったチェーンを介して

ホイールに伝わり推進力につながります。

距離を走れば走るほど、メンテナンスの状態が悪いほどチェーンは

チェーンは摩耗します(伸びます)。伸びてしまったチェーンは変速性能が落ちるだけでなく

チェーンリングの摩耗にも影響を及ぼしてしまいます。

DSC_3991

↑伸びたチェーンを長期間使ってしまったチェーンリングの写真

刃先が摩耗しており歯の部分のほとんどが摩耗しアルミの地が出ています。

通常台形のような形をしている歯の先端部分がとがっていますね。

よろしければご自分のバイクと比べてみてください。

 

 

TOOTH

新品との比較がこちら、クランクは写真の時計回り方向に回ります。

歯の山の右側と左側の傾斜の違いに注目してください。山の右側に

チェーンがかかるのですがこの部分の角度が浅くなってしまっているため

パワーをかけたときにチェーンが浮いてしまいます。ひどいケースでは

チェーンがはずれてしまうことも・・・

定期的にチェーンの状態をチェックして必要に応じて交換をしていれば

ここまで歯が減ってしまうこともなかなかありません、

消耗品の交換は早めがおすすめです。

大切な愛車、しっかりメンテナンスを施して気持ちよく乗っていたいですね。

 

追記:本日お預かり致しましたバイクも同じような状況になっていました。

DSC_4074

こちらは部活の練習でかなり使い込まれた状態となっています。

チェーンを引っ張る方の歯の角度が浅くなってしまっています。発進、スプリント時など

チェーンが外れてしまうかもしれません… これくらいになってしまう前に早めの交換を

したいものです。走行距離の多い方、過酷な条件でも乗る方などチェーンリングの状態をチェックしてみてください。

 

 

MGMグループ(GROVE各店・風魔横浜・キャノンデール横浜ベイサイド)では

ご購入いただいたスポーツバイクの点検調整が永年無料となっております。

【MGMグループプレミアムメンバーカード】

 

現在開催中の春のサイクルライフ応援キャンペーン開催中です。

この機会にニューバイクを入手してみてはいかがですか?

 

住 所 〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号 045-716-9328

FAX 045-716-9329

営業時間 11:00~20:00

定休日 毎週水曜日、木曜日

2018.04.15

【S-WORKS SHIV&SHIV TT】カスタムで入庫

shiv x2

スペシャライズドのTTバイクがカスタムで入庫。たまたま同日でのお預かりになったのですが、

2台並べてみる機会もなかなかありませんので、GROVE港北店スタッフも大興奮☆

【S-WORKS SHIV】

shiv crankshiv frameshiv magra2inpower

 

S-WORKSカーボンクランクから ROTOR 2INPOWER&Q-RINGSに交換

 

 

【S-WORKS SHIV TT】

shiv tt ttbar shiv tt frame

UCI規定に合わせた長さでDHバーをカット、それに伴いシフトワイヤーの交換

 

どちらもレースに向けての準備です。GROVE港北店ではご自身のバイクのカスタム、

フィッティングなどなんでもお気軽にご相談お待ちしております。

店舗前に6台分の駐車場もございますのでお車でどうぞ!

 

住 所    〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号              045-716-9328

FAX                     045-716-9329

営業時間              11:00~20:00

定休日                  毎週水曜日、木曜日

 

 

2017.11.05

MTBのオススメタイヤはチューブレスです

ただいま、休憩時間などを利用してmyMTBを組み立て中のスタッフ小池です!

今回は、マウンテンバイク界で定番になっていて、近年ではロードバイクでもよく聞くチューブレスについてご紹介いたします。

チューブレスタイヤとは?

一般的なタイヤは、ホイール、チューブ、タイヤといったパーツが必要です。しかし、チューブレスはその名の通りチューブが要りません!車のタイヤ等と同じイメージです!

IMG_4479

まず初めに大切なのが、ホイールとタイヤ選びです。規格をしっかりと調べ、フレームやフォークに合ったチューブレス対応のホイールとタイヤを選びます。他にもシーラントや専用バルブが必要です。シーラントを入れることでタイヤの繊維に入り空気を抜けにくくするためや鋭利なものを踏んでしまい、パンクしてしまったときに穴の大きさにもよりますが開いてしまった穴を塞いでくれたりもします!そんなシーラントもタイヤの大きさによって使う量が異なります。

IMG_4477

チューブレス化の作業の中でも大切なのがタイヤを入れる手順、タイヤがしっかりとリムの溝に入っているかを確認する必要があります。タイヤがしっかりと入っていないと空気が入っていかない、タイヤが破裂してしまうリスクが出てきたり…!ここは要チェックです!シーラントをタイヤに入れ、確実にタイヤがはまったらコンプレッサー等で膨らむまで空気を入れます。その後、規定内で好みの空気圧に調整します。僕は低めがとても好みです。

IMG_4487

その他にもこのブログに書ききれないほどの良さがあります!アップグレードのご相談など、随時受付けています!ぜひ店頭までお越しくださいませ。

 

住 所    〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号              045-716-9328

FAX                     045-716-9329

営業時間              11:00~20:00

定休日                  毎週水曜日、木曜日

2017.10.21

ディスクブレーキのローター、パット交換のタイミング

最近、雨の日がとても多いですね。

そんな天候でも変わらぬ制動力を持つディスクブレーキはMTBではもちろんのこと、最近はロードバイク、クロスバイクにも搭載されているモデルが増えてきています。

そこで今回紹介するのは、ローターとパット交換のタイミングです。

IMG_4460

シマノ製のローターの場合は、厚さが1.5mm以下になっていたら交換のタイミングです。当たり前ですが、ノギスを使い測定します。写真のローターはヘイズのものです…参考写真としてご覧ください(汗

IMG_4462

続いてパットです。パット交換のタイミングは2mmある厚さが、0.5mmまで減ったら交換する必要があります。

本来の制動力を維持するためにも、定期的な点検を行ってください。

 

IMG_4459

ローターには様々なサイズ(140mm~200m程度まで)や種類があります。バイクや遊び方にあったローターとパットを選ぶ事でさらにライドが楽しくなるのです。

機械式ディスクから油圧ディスクへのアップグレードなどご希望の方もぜひご相談ください!

アップグレードについてはこちら

 

住 所    〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号              045-716-9328

FAX                     045-716-9329

営業時間              11:00~20:00

定休日                  毎週水曜日、木曜日

2017.10.16

今年もジャパンカップのシーズンになってきました

IMG_0330

今年もジャパンカップのシーズンになってきました! この日のために渡辺は練習をしてきました!ツールド沖縄など将来的に視野に入れてライドをしている方でしたら、一度は走っておきたいイベントです。いつかは沖縄走りたいですね~。あいにく、天気は晴れといかないようですが、それは参加者全員イーブン。気にしません、精一杯走るのみ!

 

ごそごそと、高まる気持ち抑えつつ、バイクのメンテナンスを行っています。

IMG_0331

この青いテープは?ホイールのウェイトバランスを取るための重りです。実際に走る速度域を想定して、上下のブレが小さくなる重さをつけています。店でも取付のサービスをおこなっていますが、やりすぎは禁物。実走行に影響がなければ、追い込む必要なし。また、うれしい副産物もあって、フロントタイヤのバランスをとると、コーナーリングの入りがスムースになります。(ブレの程度にもよりますので注意)宇都宮のコースはコガシの高速ダウンヒルがあります。60km/h以上でるので確実に押さえておきたいチューニングです。

 

IMG_0332

おつぎは、チェーンオイルの汚れ掃除。最近では、決戦チェーンを準備している方もちらほら。渡辺はいつものチェーンで本番を迎えます。オーソドックスが一番、かな。

IMG_0333

チェーンのお掃除ついでにFD、RDも汚れをとります。仕上げはエアーで吹き飛ばし、リンク部分に丁寧注油をしてあげます。おすすめはレスポのチタンスプレー、隙間にシュッとはいるので〇。チェーンオイルでもOKです。

 

2017年は応援含めると10人以上のお客様と宇都宮に遊びにいきます。僕らのチェレンジレース観戦をたのしんだあとは、宇都宮の市街地でプロのクリテリウム観戦。翌日まで滞在すれば、僕らが走ったルートをおよそ130kmくらいを走るプロのロードレースも観戦できます。楽しみでしょうがない週末です。

2017.10.11

油圧ディスクブレーキにカスタマイズしました

雨の日のライドやロングライドで疲れた時・継続的にブレーキを使う下り坂でのブレーキングに不安を感じたことはないでしょうか?今回、そんな悩みを抱えた方のロードバイクを油圧ディスクブレーキ化にする作業を行いました。

 

IMG_4403

こちらのPINARELLO  MERCURIO  DISCを油圧ディスクブレーキにアップグレードしました。

機械式ディスクブレーキからの改造となると、流用できるパーツも多く改造が比較的行いやすいのでオススメです。油圧に改造するときに必要なパーツを具体的にまとめてみました。

ブレーキキャリパー前後、ブレーキレバー前後、ローター前後(流用できましたが、アルテグラに揃えました)です。これらのパーツの交換でOKなんです。

また、今回のお客様はアルテグラでアップグレードを決めてもらえたので、カセット、FD、RDが必要になりました。なんと言っても油圧ディスクブレーキは少ない力でしっかりブレーキが効きます!

 

IMG_4406

今回の仕様は、ULTEGRA  R8000シリーズでのオーダーとなりました。油圧システムに豊富なギアバリエーションより、どのような目的地でも一緒に走れる相棒になってくれそうです。

IMG_4408

油圧ブレーキの利点としては、文頭で紹介した少ない力でもよく効くこと、雨の中でのライドでもとてもよく効くこと、メンテナンスの頻度も軽減できます。

ブレーキングでお悩みの方や不安を抱いてる方、ぜひご相談ください。

 

これからはディスクブレーキの時代ですよ~!

 

 

2017.08.13

MAGURA RT6TTのメンテナンス行いました。

IMGP3156

トライアスロンのシーズンも後半戦、夏休みの間は一休みして後半戦の準備の時期に最適です。

 

もうすでに定番ブレーキになりつつある、エアロ効果を十分に発揮でき、制動力が高く安心の油圧ブレーキのシステムMAGRA RT6TTシリーズですが、動きの渋さにお困りの方がおおいです。特にフロント側です!左右のブレーキのてっぺんに輪ゴムを巻き付け強制的に戻るように加工したりと、皆さんDIYを駆使して使用しています。

 

滑らかな動きに限りなく戻せますので、お困りの方ご相談ください。

IMGP3109IMGP3111

動きを悪くする原因は、汗、砂や粉塵、食事の食べかす等々…こんな場合はこまめな清掃と注油で本体の開閉の滑らかさを維持できます。何を使えばよいかはご相談ください。

 

もう一つ、動きを悪くする原因として、決戦ホイールと練習ホイールを使い分けている方…多いと思います。エアロホイールと昔使用していたアルミリムホイールでは、リムの外幅が違います。年々ギャップも大きくなりつつあるのですが、レバーの調整のネジを使いレバータッチを調整します。油圧ピストンが常時出っ張ることになり、デリケートな部分が露出して、いずれ動きの悪さを出してしまいます。パッドの辺り調整は専用のワッシャーを使います。こちらもご相談ください。

 

フルードのメンテナンスの頻度も出来れば1回/年行っておきたいところ。

エアロブレーキのパッド調整はクランクを外すなど作業は手間がかかります。ショップにお任せください。ブレーキのメンテナンス工賃は、片側3000円~行なっております。

  • facebook_logo スタッフの目線 公開中!!
  • 安心サポート
  • images   バイクにまつわる体の悩み、これで解決!
  • 48-43608f23039b045d8fd26770b11ad3aaチーム「GROVE港北」熱いです。
  • メンテナンス オーバーホール お気軽にご相談ください!
  • 300x250-RED-WHT-
  • ショップポリシー
  • 自転車購入の流れ
  • イベント
  • カレンダー
  • フォトギャラリー