2017.11.05

MTBのオススメタイヤはチューブレスです

ただいま、休憩時間などを利用してmyMTBを組み立て中のスタッフ小池です!

今回は、マウンテンバイク界で定番になっていて、近年ではロードバイクでもよく聞くチューブレスについてご紹介いたします。

チューブレスタイヤとは?

一般的なタイヤは、ホイール、チューブ、タイヤといったパーツが必要です。しかし、チューブレスはその名の通りチューブが要りません!車のタイヤ等と同じイメージです!

IMG_4479

まず初めに大切なのが、ホイールとタイヤ選びです。規格をしっかりと調べ、フレームやフォークに合ったチューブレス対応のホイールとタイヤを選びます。他にもシーラントや専用バルブが必要です。シーラントを入れることでタイヤの繊維に入り空気を抜けにくくするためや鋭利なものを踏んでしまい、パンクしてしまったときに穴の大きさにもよりますが開いてしまった穴を塞いでくれたりもします!そんなシーラントもタイヤの大きさによって使う量が異なります。

IMG_4477

チューブレス化の作業の中でも大切なのがタイヤを入れる手順、タイヤがしっかりとリムの溝に入っているかを確認する必要があります。タイヤがしっかりと入っていないと空気が入っていかない、タイヤが破裂してしまうリスクが出てきたり…!ここは要チェックです!シーラントをタイヤに入れ、確実にタイヤがはまったらコンプレッサー等で膨らむまで空気を入れます。その後、規定内で好みの空気圧に調整します。僕は低めがとても好みです。

IMG_4487

その他にもこのブログに書ききれないほどの良さがあります!アップグレードのご相談など、随時受付けています!ぜひ店頭までお越しくださいませ。

 

住 所    〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号              045-716-9328

FAX                     045-716-9329

営業時間              11:00~20:00

定休日                  毎週水曜日、木曜日

2017.10.21

ディスクブレーキのローター、パット交換のタイミング

最近、雨の日がとても多いですね。

そんな天候でも変わらぬ制動力を持つディスクブレーキはMTBではもちろんのこと、最近はロードバイク、クロスバイクにも搭載されているモデルが増えてきています。

そこで今回紹介するのは、ローターとパット交換のタイミングです。

IMG_4460

シマノ製のローターの場合は、厚さが1.5mm以下になっていたら交換のタイミングです。当たり前ですが、ノギスを使い測定します。写真のローターはヘイズのものです…参考写真としてご覧ください(汗

IMG_4462

続いてパットです。パット交換のタイミングは2mmある厚さが、0.5mmまで減ったら交換する必要があります。

本来の制動力を維持するためにも、定期的な点検を行ってください。

 

IMG_4459

ローターには様々なサイズ(140mm~200m程度まで)や種類があります。バイクや遊び方にあったローターとパットを選ぶ事でさらにライドが楽しくなるのです。

機械式ディスクから油圧ディスクへのアップグレードなどご希望の方もぜひご相談ください!

アップグレードについてはこちら

 

住 所    〒223-0065

神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

電話番号              045-716-9328

FAX                     045-716-9329

営業時間              11:00~20:00

定休日                  毎週水曜日、木曜日

2017.10.16

今年もジャパンカップのシーズンになってきました

IMG_0330

今年もジャパンカップのシーズンになってきました! この日のために渡辺は練習をしてきました!ツールド沖縄など将来的に視野に入れてライドをしている方でしたら、一度は走っておきたいイベントです。いつかは沖縄走りたいですね~。あいにく、天気は晴れといかないようですが、それは参加者全員イーブン。気にしません、精一杯走るのみ!

 

ごそごそと、高まる気持ち抑えつつ、バイクのメンテナンスを行っています。

IMG_0331

この青いテープは?ホイールのウェイトバランスを取るための重りです。実際に走る速度域を想定して、上下のブレが小さくなる重さをつけています。店でも取付のサービスをおこなっていますが、やりすぎは禁物。実走行に影響がなければ、追い込む必要なし。また、うれしい副産物もあって、フロントタイヤのバランスをとると、コーナーリングの入りがスムースになります。(ブレの程度にもよりますので注意)宇都宮のコースはコガシの高速ダウンヒルがあります。60km/h以上でるので確実に押さえておきたいチューニングです。

 

IMG_0332

おつぎは、チェーンオイルの汚れ掃除。最近では、決戦チェーンを準備している方もちらほら。渡辺はいつものチェーンで本番を迎えます。オーソドックスが一番、かな。

IMG_0333

チェーンのお掃除ついでにFD、RDも汚れをとります。仕上げはエアーで吹き飛ばし、リンク部分に丁寧注油をしてあげます。おすすめはレスポのチタンスプレー、隙間にシュッとはいるので〇。チェーンオイルでもOKです。

 

2017年は応援含めると10人以上のお客様と宇都宮に遊びにいきます。僕らのチェレンジレース観戦をたのしんだあとは、宇都宮の市街地でプロのクリテリウム観戦。翌日まで滞在すれば、僕らが走ったルートをおよそ130kmくらいを走るプロのロードレースも観戦できます。楽しみでしょうがない週末です。

2017.10.11

油圧ディスクブレーキにカスタマイズしました

雨の日のライドやロングライドで疲れた時・継続的にブレーキを使う下り坂でのブレーキングに不安を感じたことはないでしょうか?今回、そんな悩みを抱えた方のロードバイクを油圧ディスクブレーキ化にする作業を行いました。

 

IMG_4403

こちらのPINARELLO  MERCURIO  DISCを油圧ディスクブレーキにアップグレードしました。

機械式ディスクブレーキからの改造となると、流用できるパーツも多く改造が比較的行いやすいのでオススメです。油圧に改造するときに必要なパーツを具体的にまとめてみました。

ブレーキキャリパー前後、ブレーキレバー前後、ローター前後(流用できましたが、アルテグラに揃えました)です。これらのパーツの交換でOKなんです。

また、今回のお客様はアルテグラでアップグレードを決めてもらえたので、カセット、FD、RDが必要になりました。なんと言っても油圧ディスクブレーキは少ない力でしっかりブレーキが効きます!

 

IMG_4406

今回の仕様は、ULTEGRA  R8000シリーズでのオーダーとなりました。油圧システムに豊富なギアバリエーションより、どのような目的地でも一緒に走れる相棒になってくれそうです。

IMG_4408

油圧ブレーキの利点としては、文頭で紹介した少ない力でもよく効くこと、雨の中でのライドでもとてもよく効くこと、メンテナンスの頻度も軽減できます。

ブレーキングでお悩みの方や不安を抱いてる方、ぜひご相談ください。

 

これからはディスクブレーキの時代ですよ~!

 

 

2017.10.09

GROVE港北店では愛車のオーバーホールを随時受付中!!

整備

GROVE港北店では愛車のオーバーホールを随時受付中!!

車体をリフレッシュさせたい! 納車時のようなバチッとしたブレーキタッチにしたい!

サクサク決まる変速を味わいたいなど、細かな所まで清掃・点検・調整いたします。

部品交換のご提案など、お客様と一緒に作業内容を決めていきます。

ご不明な点はお気軽にスタッフにご相談ください。「他のお店で購入した自転車なんだけどなぁ~」 もちろん大丈夫です!

BO-2

<作業内容説明>

車体お預かり前に車両の確認をおこない、作業手順、交換パーツの提案/見積もりをさせて頂きます。

オーバーホール時のパーツアップグレードをされる場合、取付工賃は発生しないのでお得です。

お持込品の組み付けなども柔軟に対応させて頂きます。

クリーン、フルオーバーホールでは、お預かりした車体の部品類を全て取り外し、点検、分解、洗浄をおこないます。

ワイヤー・バーテープは基本的には新品を使って組み付けをおこないます。

また作業進行時に交換が必要なパーツが発生した場合は、担当メカニックよりお客様へご連絡の上、了承を得てから交換作業をおこないます。

作業納期は、2週間程度。作業の混雑状況により前後いたします。

IMGP1133

<価格表>

メンテナンス オーバーホール 価格表

価格は税抜です。

2017.08.13

MAGURA RT6TTのメンテナンス行いました。

IMGP3156

トライアスロンのシーズンも後半戦、夏休みの間は一休みして後半戦の準備の時期に最適です。

 

もうすでに定番ブレーキになりつつある、エアロ効果を十分に発揮でき、制動力が高く安心の油圧ブレーキのシステムMAGRA RT6TTシリーズですが、動きの渋さにお困りの方がおおいです。特にフロント側です!左右のブレーキのてっぺんに輪ゴムを巻き付け強制的に戻るように加工したりと、皆さんDIYを駆使して使用しています。

 

滑らかな動きに限りなく戻せますので、お困りの方ご相談ください。

IMGP3109IMGP3111

動きを悪くする原因は、汗、砂や粉塵、食事の食べかす等々…こんな場合はこまめな清掃と注油で本体の開閉の滑らかさを維持できます。何を使えばよいかはご相談ください。

 

もう一つ、動きを悪くする原因として、決戦ホイールと練習ホイールを使い分けている方…多いと思います。エアロホイールと昔使用していたアルミリムホイールでは、リムの外幅が違います。年々ギャップも大きくなりつつあるのですが、レバーの調整のネジを使いレバータッチを調整します。油圧ピストンが常時出っ張ることになり、デリケートな部分が露出して、いずれ動きの悪さを出してしまいます。パッドの辺り調整は専用のワッシャーを使います。こちらもご相談ください。

 

フルードのメンテナンスの頻度も出来れば1回/年行っておきたいところ。

エアロブレーキのパッド調整はクランクを外すなど作業は手間がかかります。ショップにお任せください。ブレーキのメンテナンス工賃は、片側3000円~行なっております。

2017.06.25

ブレーキシューはチェックOKですか?

夏至を過ぎて、やっと梅雨らしくなってきました。

雨でも乗る!練習する!通勤する!という方もいるでしょうしせっかく乗りに出たのに降ってきちゃった~という事もあるでしょう。汚れや錆びが気になるところですが、見落としがちなのはブレーキシューの減りです。

以下サンプル画像で、まだ使えると言えば使えます。

IMG_4183

雨が降っていたり、雨上がりでブレーキ面やシューが濡れていると減りは非常に早くなります。雨のレースやツーリングで、1日でシューが終わってしまうこともあります。減り具合を見極めて「最後まで使い切るぞ」と思うのは有りですが最後の最後、溝が無くなった瞬間に一気に制動力が無くなります。MTBがリムブレーキ時代にやらかしたことがあるのですがビックリしましたし、その後フィードゾーンに戻るまで顔真っ青でしたね。

 

使い方や今後の予定で交換をお勧めすることもありますし「この辺までは粘っても大丈夫ですよ」な時もあると思います。「まだ使える?」安全の為ですので、お気軽におたずねください。

2017.06.19

いつ換える?バーテープ

バーテープの交換時期を説明するのは難しいですね。

特に近年、耐久性の高い商品が増えました。

IMG_4153 IMG_4139 IMG_4146

汚れや破けにそもそも強く、洗浄や巻き直しに耐えるので

過去の交換理由が理由として成立しなくなってしまいました。

André Greipel Ridley Noah Fast - bar tape old_tape(1)

写真は見やすい白色ですが、他の色でも同じように汚れが付きます。掃除していると言っても限界はあります。

また、グリップ力やしなやかさ、クッションは時間と共に落ちていきます。

もう少し早く替えてほしい、もう少しマメに買ってほしいパーツです。

 

そこで「ファション」として、「お作法」として

バーテープをマメに取り換えるスタイルを提案します!

1358847828448-uhcwik50tnac-630-80shimano-froomeWiggins-Bike-630x420

IMG_1760Pro bike: Jakob Fuglsang's Specialized S-Works Tarmac SL4 (Pic: George Scott/Factory Media)1422598518086-a0n2hssddl28-630-80

選手はいつもきれいなバーテープで、しかも白やリーダーカラーで決めてますよね。

Ryan Trebon (Cannondale-Clement) won his first cx race on his Cannondale SuperX. 2012 Raleigh Midsummer Night Cyclocross Race. @Cyclocross Magazine

クロスで白とか、周回毎に洗いたい勢い…。

 

10年以上前ですが、ツールに参加していたあるチームのメカニックはインタビューに答えて

「洗車は毎日、タイヤとブレーキシューは1000kmごとに交換、

バーテープは状況にもよるが500~1000km程度で交換している」

極限の性能追及やプロモーション要素があるとはいえ、トッププロでこの頻度。

距離や頻度でばらつきつつも、1~3ヵ月ぐらいで気分転換に巻き替えるのが

衛生的にも機能的にも良いと思います。

 

店でも話すのですが

「バーテープはネクタイや靴のようなもの。機能とは別におしゃれ心を出したり、こだわりを表現できるポイント」

「いつも白いバーテープをキレイにしておくのは、お洒落な人が白い靴で決めている感じ」

「バーテープに色を入れることで、トラッドなスーツにお洒落なネクタイしめるような効果」

機能にこだわり、頑張って走りながらお洒落心も忘れない、大人度アピールにもなります。

 

直接パフォーマンスに反映するパーツではないですが、

美しさやこだわりを表現するためにどんどん巻き直してみましょう。

作業はもちろん承りますし、ネクタイに例えるならば、自分でビシッと巻けるのも格好いいですよ!

 

  • facebook_logo スタッフの目線 公開中!!
  • 安心サポート
  • images   バイクにまつわる体の悩み、これで解決!
  • 48-43608f23039b045d8fd26770b11ad3aaチーム「GROVE港北」熱いです。
  • メンテナンス オーバーホール お気軽にご相談ください!
  • キャプチャ  
  • ショップポリシー
  • 自転車購入の流れ
  • イベント
  • カレンダー
  • フォトギャラリー