2017.03.26

広いほど、良く効きます

女性のお客様から油圧ブレーキの相談をいただいたり

男性のお客様でもハンドルセッティングのお話したりすると

「長いブレーキングが疲れる」「レバーが遠い」「握力が足りない」等で悩んでいる方がいらっしゃいます。

また先日、ロングライドイベントの下り区間でブレーキの操作ミスか不足により起きたと思われる事故が報道されました。

 

油圧のディスクブレーキや上級グレードのキャリパー、電動変速による体力の温存など便利な物も多いですが

ブレーキ操作による疲れは、セッティングで解決できる場合もあります。

 

答えは「ブレーキレバーの引きしろをなるべく広くセットする」です。

スタッフのバイクを見てみましょう。

IMG_3513 IMG_3507 

さすが、コーナーリングとブレーキングに一家言ありますね。

IMG_3509 IMG_3512

自転車歴は少し浅いですが、その分お手本通りのセッティング。

IMG_3515 IMG_3516

引きしろはギリギリまで広げています。最後に強くかかれば良し。

 

キャリパー側の開きも見てみましょう。

IMG_3520 IMG_3522 IMG_3527

解除レバーを使わなくてもホイールの脱着が出来ます。

大きなパワーをかけた時や、ホイールトラブルがあってもそうそうシュータッチは起きません。

 

なぜ広くとった方がいいのか?先ほどのレバー写真をもう一度。

IMG_3513 IMG_3514

どちらの手指の状態の方がより強くはさむ・握ることができますか?

握力というのは文字通り「握る」事で発揮できる力ですから、

左の状態では指先のクリックする程度の力しか発揮できません。

IMG_3576 IMG_3577

どちらが強く握りこめますか?

 

引きしろを狭くすると、ブレーキのレスポンスが良くなるような気がしますが

部品と体がもつ最高のパフォーマンスの内、6~7割の制動力しか発揮できずに

「止まらない」「疲れる」とストレスや疲れを重ねてしまっている可能性があります。

引く動作量自体は増えるので、慣れが必要ですが

深く握るブレーキングの制動力はきっと今までの「効きにくい」イメージをくつがえします。

一度試してみてください。

2017.02.23

春の準備は整ってますか?

春一番も吹いて、本格的に乗りたい季節になってきました。

サイクリングに、レースに、

冬の間の努力の成果を確かめたい方

久しぶりのペダリングを楽しみに待っていた方など様でしょうが

自転車の準備を今一度確認!

 IMG_3107 IMG_3108

ピカピカに洗車したら気持ちいいですよ。

IMGP2671 dsc_0021

ペダル・クランク・ヘッドなど回転部分はスムースですか?

imgp2614 dsc_0160 dsc_0161

ゴムや樹脂で出来た部分は時間とともに劣化します。

見逃しがちな割に、意外と性能に影響の大きい部分です。

dsc_0159 IMG_3095

頑張る人ほど後回しにしがちなチェーンやタイヤ。

イベントが近づいてくるのもいい機会です。

オーバーホールでも、アラカルトでもご相談ください。

 

そうそう、イベント参加の場合は車検が義務化されている場合があります。

こちらもお気軽にご依頼ください。

2017.02.12

ペダルもグリスアップ

20000km近く使ってほったらかしだった私物のペダル。

慌ててグリスアップです。

シマノはホイールと同じく、ペダルもグリスアップができる構造です。

そもそも耐久性は高い構造なのですが、

「出来る」ということは、状況によっては「しなければならない」場合もありますので要注意。

IMGP2670

これを

IMGP2671

こうして

IMGP2675

ここにメインのベアリングが入っています。デュラエースは玉当たり調整が可能(必要)です。

万が一、損傷や摩耗が出てしまっても交換可能ではありますが、その前にグリスアップしたいですね。

IMGP2673

この奥にもベアリングがあります。交換可能ですが今回は省略。

IMGP2676 IMGP2677 IMGP2678 IMGP2679

旧型や下位グレードでもグリスアップは出来ます。

未だに7800ペダルも6600ペダルも持っていて、コンディションは保っています。

乗ってないだけ?いいえ、メンテナンスのおかげですよ!

2017.01.31

ススメてもススメても、ROTOR Q RINGS!

バイシクルクラブ3月号はご覧になりましたか?

楕円ギアとは、どう使うか、どんなメリットがあるか、

あらためて巻頭特集が組まれていますね。

IMG_0070IMG_0071

当店でも多くのお客様にお使いいただいているのは、ROTOR Q-Rings。

IMG_0048

その効果は誌面でも言われる通り

3

力の入れやすいところで大きな(重い)歯数に

力が入れにくいところでは小さな(軽い)歯数に変化することで

より疲れにくく・より効率的にペダリングを行うことができます。

4

表の灰色部分MIN(小さい部分)の力でMAX(大きい部分)の速さが出せる。

少し乱暴に言えば「速くなる」より「楽になる」アイテムといえます。

「輿馬を仮る者は足を労せずして千里を致す」

淮南子の言葉がまさかスペインから実現されるとは!

距離や時間を伸ばしたい方にこそオススメしていきたいですね。

IMG_0057IMG_0058

切削加工に自信を持つROTOR、アウターリングの変速ポイントの作りも丁寧です。

IMG_0053

フロントディレイラーとの間隔はいかんともしがたいので

チェーンキャッチャーの併用はおススメです。

個人的にはリアカセットを25T以下にしておくのも良いと思います。

rotor 1rotor 2

まだ試したことのない方は一度ご相談ください。

今ならお試しキャンペーンもありますよ?

2017.01.12

TIMEのオーバーホールをしました。

dsc_0037

TIMEのVXSのオーバーホールを承りました。

dsc_0039 dsc_0038 dsc_0040

ガッツリ乗ったと思われる痕跡と、少し乗れない期間を思わせるコンディション。

もちろん洗車・パーツ洗浄はオーバーホールの第一歩です。

imgp2617  imgp2616  imgp2636

さすがレコード、磨くのが楽しくなる一品です。

imgp2614 imgp2613

エルゴレバーのフードは握りやすさを保つためにもこまめな交換がオススメ。

レバー部品には大きな傷みはありませんでした。

imgp2631 imgp2633

ベアリング単体の写真を忘れていますが、

TIMEのヘッド機構、クイックセットはヘッドパーツとしての構造は堅牢ですが、

ベアリングのボールが小さく、僅かな傷みでもハンドリングに出てしまいます。

imgp2634 dsc_0036

BBやホイールのベアリングはしっかりと組まれていてまだ使ってもらえるコンディションでした。

それにしても、カーボンの編み目を見ているだけで、1日過ごせそうな素敵なバイクでした。

 

 

2016.12.31

タイヤの点検はここをチェックします。

皆さんがお乗りの高性能なフレーム・ホイールを生かすのもタイヤしだいです。

タイヤは地面と接触する唯一のパーツ、漕いだ力を地面に伝える非常に大切なモノなんです。

フレームの特性に合わせたり、走りのスパイスをつけるためにタイヤのサイズ、チューブの素材をカスタマイズすると、バイクの表情を変える事もできるんです。

この機会にスタッフにタイヤについて相談してみませんか?

具体的にヒルクライム向け、コーナーリング重視で、クッション性を上げたい…など具体的なリクエストがあると選びやすくなります。

 

  

左の写真。中央部が平らに減っています。沢山走りましたね~サドルバックの荷物が少し重いかも…異物がささりパンクしやすくなります。

右の写真。タイヤの中央が減り、ケブラーが出ています。こちらもすぐに交換してください。

タイヤのサイドに割れがみられます。規定圧力をポンプで入れた場合、バーストなどが心配です。カーブ中に一瞬で空気が抜けるのはこわいですよね。

こちらが新品のタイヤです。山がたっていて転がりも軽く安全ですね。

GROVE港北では、ミシュラン、MAVIC、ヴィッリア、パナレーサー、ミシュラン、コンチネンタル、スペシャライズド、TUFOを扱っております。詳しくはスタッフまで、ご相談ください。

2016.12.30

GROVE港北店では愛車のオーバーホールを随時受付中!!

整備

GROVE港北店では愛車のオーバーホールを随時受付中!!

車体をリフレッシュさせたい! 納車時のようなバチッとしたブレーキタッチにしたい!

サクサク決まる変速を味わいたいなど、細かな所まで清掃・点検・調整いたします。

部品交換のご提案など、お客様と一緒に作業内容を決めていきます。

ご不明な点はお気軽にスタッフにご相談ください。「他のお店で購入した自転車なんだけどなぁ~」 もちろん大丈夫です!

BO-2

<作業内容説明>

車体お預かり前に車両の確認をおこない、作業手順、交換パーツの提案/見積もりをさせて頂きます。

オーバーホール時のパーツアップグレードをされる場合、取付工賃は発生しないのでお得です。

お持込品の組み付けなども柔軟に対応させて頂きます。

クリーン、フルオーバーホールでは、お預かりした車体の部品類を全て取り外し、点検、分解、洗浄をおこないます。

ワイヤー・バーテープは基本的には新品を使って組み付けをおこないます。

また作業進行時に交換が必要なパーツが発生した場合は、担当メカニックよりお客様へご連絡の上、了承を得てから交換作業をおこないます。

作業納期は、2週間程度。作業の混雑状況により前後いたします。

IMGP1133

<価格表>

メンテナンス オーバーホール 価格表

価格は税抜です。

2016.12.29

気分一新

年末年始、シーズンオフに愛車のリフレッシュはいかがですか?

dsc_0160 

ブレーキシュー減ってませんか?

dsc_0159

チェーンは3~4000kmで交換をオススメ。

カセットやチェーンリングの負担も減りますよ。

IMGP1598 dsc_0013 IMGP1581 dsc_0165 dsc_0164

BBは見えないところですが、10000km以内を目安に交換。

セラミックならもう少し早いことが多いかも。

IMGP1591 dsc_0159a dsc_0162

忘れがちなペダル。大事な回転部分です。シマノもグリスアップやベアリング交換可能です。

クリートも減っているとペダリングの効率が下がってしまいます。

dsc_0161 

ワイヤーも1~2年ごとに。軽いブレーキタッチや滑らかなシフトを。

dsc_0163

意外と替えると気持ちいいのがフード。オーバーホールに追加がオススメ。

All bikes on the Omega Pharma team get a bath and complete lube and tune after each stage. ©BrakeThrough Media bike-wash-ed

もちろん洗車のみでも承ります。

オーバーホールには当然入っているメニューです。

新年・新シーズンを迎える用意のご依頼、お待ちしております。

 

  • facebook_logo スタッフの目線 公開中!!
  • 安心サポート
  • images   バイクにまつわる体の悩み、これで解決!
  • 48-43608f23039b045d8fd26770b11ad3aaチーム「GROVE港北」熱いです。
  • メンテナンス オーバーホール お気軽にご相談ください!
  • キャプチャ  
  • ショップポリシー
  • 自転車購入の流れ
  • イベント
  • カレンダー
  • フォトギャラリー