2017.05.21

快晴、三浦に行ってきました

IMG_5447

休みの合間を縫って三浦に行きました。7月の8時間耐久レースにお客様と出ることになり、あわてて走りこみ始めました。毎年行事の富士ヒルを今年はパスしたため、5月はのんびり、じっくり走れるのでほっとしています。三浦は自宅からも近く、地形もフラットと若干の上り下りがあり、楽しいルートです。

 

IMG_5473

これは通りすがりの葉山漁港。風も少なく気持ちよいです。

 

 

IMG_5469

ちょうどROVAL CL40をじっくりと乗りたいこともあり、5月に入り三浦へは、すでに3回ほど遊びに行きました。写真も3回分です…。CL40はフラットの高速度域、時折あらわれる登坂など軽くこなせ、反応も良く、ブレーキも効く万能選手です。初めてのカーボンホイールとしても安心して使え、お勧めです。

先代のモデルCLX40より、スポークがレボリューション(CLX40)からコンペティション(CL40)に変更されているため路面の凹凸を拾う反面、反応は抜群によいという悩ましい仕様です。体重が65kg以下の方でしたらレボリューションへのスポークの交換がオススメです。ご相談ください。

IMG_5444 IMG_5453

5月の上旬には三浦の海で、ウインドサーフィンのワールドカップシリーズ戦がありました。ウインドサーフィンには、一度しか乗ったことはありませんが、自転車と近しい面白さがあり色々な種目があるようです。会場にはマッチョな外国人選手がたくさんいましたが、肝心なレースは風が吹かない為ウェイティング…トップクラスのレースを見たかった!

2017.05.02

冒険心をくすぐり、走っていてニッコリ、SLATEです。

IMG_3939

冒険心をくすぐり、走っていてニッコリ、それはCANNONDALEのSLATEです。

SLATEで走るとすぐに自然と自分・自転車の一体感があじわえ、心地よい疲労感と何とも言えない満足の波が押し寄せました。つぎはどこを走ろうか?どこかに面白そうなスポットが無いのか、無邪気に楽しめました。

初夏の若葉とSLATEで一枚。グレーのフレームカラーは自然に溶け込める配色になっているのがファインダーから気が付きました。なんだか写真のコメント風になってしまいました…メーカーのロゴはメタリックで鏡面仕上げになっていて、太陽の光がロゴに反射してまぶしくて、たまたまの偶然がかっこよかった。店の近所にはこんなにダートがあるのだと、乗り始めてからすぐに気が付きました。今回、渡辺がSLATEの感想を書きます。

 

IMG_3902

普段のサイクリングロードをなんとなくライド、おっ分岐だ。どこを走るか考えました。

クロスなら、そのまま直進で綺麗な道を走る。ロードなら人がいない下段の川沿いを走る。SLATEだと、ここを走りたい(走れます)もちろん、土手の勾配程度ならば涼しい顔して楽しいダウンヒルです。

 

IMG_3904 IMG_3921

当然ですが、誰も走っていないですね!走り始めると、ふわふわして気持ちいいです。漕いで、バイクが走る感覚がとても新鮮。飽きるまで走ると、次はジープロードが出てきました。もちろん荒れ地を探して突き進みます。ぐんぐん走ります。フロントショック搭載なのと、フレーム、サドルのしなやかさが相まって滑らかに進んでいきました。多摩川や鶴見川のサイクリングロードも路面があれている個所が少なくありません、適度なタイヤの太さのおかげで嫌な振動もいなしてくれました。

IMG_3940 IMG_3941

オリジナルのクランクとギヤ板の作りこみと、レフティー(フロントフォーク)のスペシャルパーツをふんだんに盛り込んだSLATEは都会と郊外を縦横無尽に走り楽しめる頼れる相棒です。世界的にも、日本でも唯一無二のバイク。お勧めです。

展示車、試乗車をご用意しております、詳しくはスタッフまで。

2017.01.28

大磯クリテ1月定期戦 走ってきました

oosio

1月の大磯クリテは渡辺が走ってきました。初めてエリートクラスで走るので、前日よりとっても緊張していました。事前にメンバーを調べると、E1、それ以上のレベルの方々が総勢20名ほど出るではないですか!集団に紛れるのができないと思うので、正々堂々と走るしかないと腹をくくるのでした。

 

この日風速5mほどありカーブで切り込みが不安定だったので、ホイールはキシリウム。インターバルがきついはずなのでなるべく、軽いホイルとのネガティブなチョイスもあったりしました。レースが始まり、7周回あたりにアタックが決まった。そのまま2集団でレースが進んでいきます。これは、昨年の店長選手権と同じ展開…どうなるか、どうしたらよいのかわかるものの、力的にどうしようもないので最後までくらいついていきました。最後の最後、真保に追いつけず…そりゃそうですよね。そして、涼しい顔して走っています。

 

上位レベルの方と走り、位置取り、ペース、集団の動きなどとても勉強になりました。何もかもスムースで速い!上位レベルのためレース最中は安全で不安な動きがほとんどありません。ですが、そのペースについていくのに力が要ります。今その力は足りませんでした。チャンスがあればまた走りたいし、次は逃げに乗ってみたい…。

 

応援も多く毎周回、耳に入っていて、何度も背中を押され最後まで走り切れました。やればできるものですね。応援の力を感じました。みなさん、ありがとうございました。2月、3月、4月とまだ定期戦が残っています、日頃の練習の成果を試しに行ってみてはどうですか?

いつもと違う雰囲気で、ワクワクしますよ。

2017.01.11

2017 ルーベ ディスク  迷わず乗れよ、乗ればわかるさ

フロントにサスペンション機構を持たせた「レーシングバイク」のふれこみに

レベル・好みを問わずに話題沸騰のスペシャライズド NEW ルーベ。

roubaix_0

乗って初めて分かることが多く、改めてご紹介します。

初めて見たときは「まさか」と思ったステム直下のサスペンション“フューチャーショック”

過去に試されたロード用サスペンションは「必要以上に動く」、「スピードを相殺してしまう」などのデメリットが目立ちましたが

今回のルーベは、ショック自体の設計もさることながらカーボンフレームとの合わせ技でロードレーサーで吸収すべき最低限のストロークを最大限効率的に動かすことに成功しています。

 

 

roubaix_2

ペダリングやダンシングでは動きにくいが、吸収すべき突き上げにはスムースに動く。

実に単純な事ですが、ついに実現!未来(フューチャー)が来た!という驚きがあります。

ロードに必要なキレや反応性は少しも損なわれていません。

セッティングでも3種類のスプリングが用意され、好みの硬さに交換可能です。

初期状態では一番動作量の少ない、違和感の少ないセッティングになっています。

また、トップキャップも低いものがオプションで付属しているので競技志向の方でも無理なくポジションが出せます。

単純なコンフォートバイクでもないのです。

roubaix_1 roubaix_6

リアも、カーボンによって「しなって振動吸収」が最高に活きています。

動きそのものは体感しにくい、しかし確実に乗り心地は良い。

自然にいつものバイクのように乗れて、いつものコースがぐっと快適に、楽に。

roubaix_5 roubaix_4

ディスクブレーキの制動性も言わずもがな。より効くからいつもよりレバーを引かなくてもいい。

楽に効くから、引く時間も短い。

そして乗り心地がいいから安心して走れて、レバーに指をかけること自体が減った気がする。

気が付けば楽、振り返ればストレス減、終わってみればいつもより速い、でも疲れていない。

SMOOTHER IS FASTERというスペシャライズドのコピーは走って初めて分かるのです。

GROVE港北では、ルーベ ELITE 52サイズを試乗車でご用意しております。

2012.08.05

2013 TARMAC SL4 DA乗ってきました

【TARMAC PRO SL4 DA】 スペシャライズドの中で剛性と軽さを重視して作られているオールラウンドバイクです。ペダリングしたパワーを逃がすことなく推進力に変換します。テーパードヘッドチューブや非常にボリュームのあるBB部分、ほぼストレート形状のフロントフォークなど、は案外わかりやすいのですが、チェーンステー部分のボリュームがありこちらもペダリングパワーを逃がさないような設計意図が感じられますね。

個人的な乗り味の印象は、抜群の加速力!この一言に尽きるのではないかと思います。スタートダッシュはもちろん巡航している状態からの加速も気持ちいい加速感です!剛性が高い設計ですので固いだけと思われがち、、、自分の印象としてはとてもコシの強いフレームです。低速域ではコツコツきますが、ロードでの通常の巡航速度まで上げれば、振動も吸収してくれて剛性感のバランスが非常にいいフレームだと思います。フレームとホイール&タイヤの相性で好みの乗り味に変更するのも面白いでしょうね。足回りを固めたスポーツカーといった感じです。 ――遠藤――

メーカー価格 : ¥500,000

2012.07.30

2013 ROUBAIX SL4 UI2 乗ってきました

先日スペシャライズドジャパン開催の試乗会に行ってまいりました!数ある試乗車の中からフレームが新設計となった【ROUBAIX SL4】フレームサイズによってヘッドパーツのベアリングの直径を変えることによりライダーの体重とフレームの剛性バランスを取ろうといった工夫がほどこされています。

ROUBAIXでもっとも特徴的な【ZELTZインサート】が緩やかにSの字を描いているシートステーの中ほどに配置されており、フレームのしなりとZELTSインサートが路面からの振動を吸収し、ライダーの疲労を軽減します。Sの字がより穏やかになっていてSL3よりもペダリング時の反応が良くなりました。

コンポーネントは SHIMANO ULTEGRA DI2 が装備されており、シフティングがボタンでのスイッチ操作です。変速をしようと思ってからの変速完了までの時間が圧倒的に短かく普段よりもおおく変速してしまった。

個人的な乗り味の感想は、フレームが積極的に振動吸収をしてくれてシルキーな乗り味。振動からくる疲労の軽減は距離を伸ばせば伸ばすほど体感出来ると思います。推進力に関して言うとTARMACのようには前に進む感じはないものの、いつの間にか思ったよりもスピードに乗っているような印象でした。長距離ライドに連れて行きたくなるバイクです。

BMWやレクサスなどの高級スポーツカーのような感覚ですかね・・・ よかったです!!

メーカー価格 : ¥450,000

  • facebook_logo スタッフの目線 公開中!!
  • 安心サポート
  • images   バイクにまつわる体の悩み、これで解決!
  • 48-43608f23039b045d8fd26770b11ad3aaチーム「GROVE港北」熱いです。
  • メンテナンス オーバーホール お気軽にご相談ください!
  • キャプチャ  
  • ショップポリシー
  • 自転車購入の流れ
  • イベント
  • カレンダー
  • フォトギャラリー