2016.11.27

この冬を暖かくすごすために「メリノウール」をおすすめする4つの理由

%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%8e

氷点下の中、吹き荒れる寒風の中登っていく冬山登山、

そんな中で登山家の中でもはや必需品といっても過言でもない素材があるのをご存知でしょうか?

それが、羊毛の中でも最高級とされるウール「メリノウール」

1.とっても暖かい

毛が非常に細く柔らかくて、保水力(湿気)がよく体温があがると徐々に暖かくなってきます。

2.臭くならない

ウールは、もともと羊の皮膚が進化によって毛に変化したものだと言われていて、人間や動物の皮膚には、ウイルスや細菌が侵入してくると、それを無害で無毒なものにする免疫機能を持っています。そのためウールにもこの機能が備わっており、天然の抗菌・防臭効果あり。

3.静電気が起きにくい

繊維内部の保水率が高く、もともと帯電しにくいため、静電気が発生しにくい繊維です。

自転車に乗っていても、ポールを触ると「パチッ」と痛い経験ありますよね。

4.柔らかい肌ざわり

二ュージーランドのメリノウールは13ミクロンから平均19ミクロンだそうです。ふんわり、快適が一番。

厳冬期のライドを快適に楽しむ元気なライダーの間ではもはや必需品となっている「メリノウール」。

この冬を快適にすごす、あったか靴下を紹介します。

img_5029 img_5028

 

自転車ウエアに興味がでてくると、必ずと言っていいほどハイグレードな商品に使われ、目にするメリノウール。

スペシャライズドらしく いいものはたくさん使う!余裕の68%!

僕らは質の良い靴下を探すときは、この割合をみてソックスを選びます。一般的なソックスは50%程度ですが、

通常のソックスよりも多くメリノウールが使われている、スペシャライズドのWINTER WOOL74(メリノソックス)です。

 

包み込む履き心地(渡辺愛用)のソックスと、カラフルなシューズカバーをかけ合わせれば2月の厳冬期も越せるかも?

既にメーカー完売の商品、店頭在庫5足のみ!

価格:2223円

サイズ:S,M

2016.11.03

ASSOS スキンフォイルが追加入荷!

ゴフォンゴフォン。どうも、一週間ほど体調の悪いスタッフ藤田です。

 

本日は、ASSOSの人気の高い商品が追加入荷しました!

img_1661

 

秋冬の季節に適した3種の長袖インナーにT.TIBURU S7 ショーツなど

持っていないのであれば買っていただきたいマストアイテムです!

 

↓特にこれからはこれっ!

img_1659

SKINFOIL/EARLY WINTER ¥13,000(税別)

 

スキンフォイル/アーリーウィンターは外気温6~14℃に最適で

昨日の寒い天気でも体幹の寒さは感じませんでした。

胸前から肩部分にかけてのブロック溝が自らが作る暖かい空気をホールドして

適度な温度を維持するデザインになっています。

img_1654

本日の出社ライドもスキンホイル/アーリーウィンター♡暖かい

 

朝晩の通勤・帰宅ライドの方は気温が冷え込んでいる時間帯なので

確実にベストマッチするはずです!

 

それでは体調を崩す前にお買い求めすることを願って来店お待ちしております。

 

 

 

2016.10.31

今年は冷え込み早いです。温度調節をスマートに!

部分的に保温できるウォーマー系のアパレルは、気温が15°以下になったころ合いが出番です。

夏物ジャージで走りつつ、ロングのウィンブレで走れるけど寒さが厳しくなってきたかも…

気軽に部分的に装着することで、温度調整がしやすくライドがもっと楽しくなりますよ。

 

部分的に温めるアパレルは、○○ウォーマーといいます。

実は、いろいろな方にウエアーを提案していますが、寒く感じる個所は十人十色です。

もっとも涼しく感じる個所から、装備を豊かにしていってください。

【SUGOI アームウォーマー】     【SUGOI ニーウォーマー】     【SUGOI レッグウォーマー】

sugoi-armwarm.img_assist_custom-250x250 sugoi-newarm.img_assist_custom-250x250 sugoi-regwarm.img_assist_custom-250x250

<使い方>

朝晩が寒い=>ウォーマー類で対応

日昼暖かい=>部分的に脱いで対応

 

価格も4,000~5,500円と手ごろ、ロングライドを快適にするのは、温度調節がキモです。

お試しください。

 

 

 

 

2016.10.21

ASSOS 始めます。

yjimageij_habu5-pb-l1

お待たせしました、今年の秋口よりGROVE港北では神奈川県内のASSOS取扱店になります。

ASSOSの世界観が演出できる専用ディスプレイの準備が整い、秋物商品が続々入荷しております。

 

 sdim0015

ビブショーツ、ビブタイツ(SPRINGFALL/WINTER)、スキンフォイル各種、ジャケット(SPRING/FALL)等を展示しております。WINTERジャケットも続々入荷予定。ASSOSならではの着こなしを皆さんにご提案していきます。

 

assos-%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%84

機能、性能に絶対的なアドバンテージ

サイクリングウエアーは機能性、効率、快適性…日々開発されています。その中でもASSOS社のウエアーは業界でもベンチマークになっており、特にショーツの履き心地は別格です。体に合わせたサイジングでウエアー選ぶことで、ライディングフォームをもフィットさせることもでき、さらなるパフォーマンスを高めることも可能です。レースやブルペなど過酷な環境になるほど機能を体感できます。このショーツを履けば完走できる…夢ではありません。

 

assos%e3%80%80%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b8

洗練されたデザイン

「機能美が優れたウエア」では右に出るものはない?各国様々なバイクブランドが存在するロードバイクですが、バイクブランドのイメージを崩さず乗り手の雰囲気を優雅に、力強くデザインしてくれます。自分だけの着こなしと、それぞれの走り方、お気に入りのルートに合致したASSOSを楽しんでください。

 

skin-foil

ASSOSブランドは2016年、秋からのスタートです。

スキンフォイル(インナーウエア)で遊んでみませんか?驚くほどの機能が盛り込まれており、仕立てが良く、汗冷えなど防ぎ山間部のライドがますます楽しくなります。この機能を十分に発揮するためには、実はサイズ選びがとても重要です。ASSOSのフィット・トレーニングを済ませたGROVE港北のスタッフに是非ご相談ください。

皆様のご来店をお待ちしております。

2016.10.10

これで雨天も平気!?さらに速くなるおまけ付き!?

言わずと知れたVELOTOZE。(ヴェロトーゼ)

防水、防風、エアロの3拍子の揃ったシューズカバーです!

img_1613img_1618

 

最近は雨天のレース会場での使用率が高まっており、本場ヨーロッパでも使用されるほどの性能。

 

先月の豪雨の日産エンデューロで実際に使ってみたのですが、ソックスが少し湿るくらいで全く不快感はなかったです。

素材がラテックスでシューズ、肌にピッタリ装着するので浸水を防ぎ、防風なので足先も寒くなく、むしろ少し暖かいくらいでした。

メーカー推奨の使用気温が15℃~5℃なので幅広く使うことが出来るのは嬉しいですね!

 

またぺダリンクするときにも突っかかったりする感覚がなく、違和感はありませんでした。

さらにこのシューズカバーはとてもピッタリ装着するので空力もよく、TTでVELOTOZEを好んで使用する選手も増えてきてますね。

(画像はファビアン・カンチェラーラ選手)

velo0003

 

ここまでピタピタなので装着には少しコツがありますが、慣れれば1分程で装着することができます。

dsc_0002dsc_0006

1.シューズ履かずにソックスの上から履きます。

dsc_0010dsc_0028

2.クリート穴からつま先を出していき、シューズカバーを足首まで持っていったらここでやっとシューズを履いて行きます。

dsc_0036dsc_0044

3、シューズを履いたらかかと、つま先の順番でカバーをかけます。 ポイントはシューズカバーのテンションが均一になるように!

dsc_0041

調整したら完成!

注意点

  • シューズカバーを履くときに爪をたてたり強く引っ張らないようにしてください。シューズカバーが切れる原因となります。
  • シリコン、天然ゴム(ラテックス)にアレルギー反応のある方は使用しないでください。
  • 破損を防ぐために鋭利な物との接触を避けてください。

など3点のことを気をつけて使用してください!

8色展開でどれも鮮やかなカラー!

価格は¥2.750-(税抜)になります。

 

雨天の走行や、肌寒い日にいかがでしょうか?

ご来店お待ちしております!

 

2016.10.04

やっぱりディフィート!

10月に入り、来ましたDefeet。
まずはお約束のスリップストリーム。
sdim1784
Defeet  slipstream ¥3800(税抜)

 

20081111_389352

秋冬に欠かせないオーバーソックス(ニットシューカバー)。
混紡素材をやや厚めに使うことで、カバーとしての保温性を損なわずに
通気性・耐久性・柔軟性を全て持たせた、シンプルかつ画期的な製品。
発売されて10年ちょっと。
それ以前に、はき古した靴下の底を切って使っていたのが大昔のことのようです。

 

組み合わせるのはもちろん。
sdim1793
Defeet duraglove ET ¥3100(税抜)

タッチパネルにも対応しつつ、見た目は相変わらずの軍手。
しかしこちらもスリップストリーム同様、絶妙な混紡と厚みで
暖かく快適なライディングを約束します。晴れた昼間なら、冬でも使う方も多いですね。
私も快晴であれば、気温は10℃以下でも乗れますね。

tom-boonen-team-quick-step-tour-flanders-training-cqs-tdw110301boonen101104cofidis091027cofidis

真冬でも昼間のトレーニングやレースに。
手足の動きを妨げず、厚ぼったさも感じさせません。
そしてこのシンプルな見た目が、通っぽさ・プロっぽさを演出もしてくれます。
ソックスも追加投入!
sdim1794

sdim1795

冬に向け、wooleaterもあります。
sdim1798
ウールの暖かさと防臭性を、この薄さで、この価格で手に入れられるのDefeetだけだと思います。

2016.09.21

秋のファッション、楽しんで乗りましょう!

朝晩だいぶ涼しくなってきました。
天気のいい昼間なら、まだまだ夏のコーディネートで充分ですが
コースや時間帯、天候の変化などで冷えるのは避けたいところ。
秋はおしゃれの季節でもあり、難しい季節でもあります。

 

まず基本コーディネート。
夏の上下にアームウォーマー・ベスト・薄手のシューズカバー(もしくはオーバーソックス)。
これでポケットにニー(レッグ)ウォーマーを入れておけば、晴れていれば15℃位までOK。

これは夏でも峠や高原・悪天候で冷える時に使える着こなし。
特にベストは、春秋の温度調整に最も活躍するアイテムです。

1443978199154
基本通りのコーディネート。

ofs_paris_nice_stage_3_02_0

tom-boonen-corvos_00018914-107
ベストはかさばらず、対応温度の幅をグッと広げるキラーアイテム。

d3e519bf6d2d6cc4cfe53158e1a4f1eb
ボーネンの着こなしは、男性ローディーたるもの一度は目指したい。

vdbont2
さすがVDB。様になってますね。
まずはこの秋、ベストづかいに慣れておくのはジャージ上級者への第一歩です。

kuurne12_flecha_sky_chases
SKYの選手のベスト前開けがお手本通りですが、
あえて一番右、ラボバンクがかなりいい着こなし。ベストを開けきってない超上級テクです。
このスゴ技をまとめている一押しアイテム、ディフィートのオーバーソックスは当店でも間もなく入荷予定です。
ベルギーなら手袋なし、オランダなら手袋あり?

18211846-dd67-11e5-b2f4-d62636cba9bc_web_scale_0-078125_0-078125__Kuurne - Belgie - wielrennen - cycling - radsport - cyclisme - Kuurne - Bruxelles - Kuurne - Gianni Meersman (Belgie/Team La Francaise Des Jeux) - Baden Cooke (Australie Team Vacansoleil) - Matti Breschel (Denemarken / Team Saxo Bank) - Stijn Devolder (Belgie / Team Quick Step - Quickstep) - foto Cor Vos ©2009
アームウォーマーを下げたままって「攻めてる」走りの感じがして格好いいです。

Alison Tetrick battles the cobbles on Dalakersweg - Ronde van Drenthe 2016, a 138km road race starting and finishing in Hoogeveen, on March 12, 2016 in Drenthe, Netherlands.
脚出しにオーバーソックスで、薄手のネックウォーマーでさし色。女子力高いです。

20160312-150950-1024x684
手前の選手は素手で長袖、後ろの選手はアームウォーマーで長手袋。さらに後ろの選手は耳を覆っています。
案外寒いのかもしれません。

2015, Kuurne - Bruxelles - Kuurne, Katusha 2015
前、カチューシャの選手はレインジャケット?結構がっつりした上着着てますね。
青いワンティの選手はベスト前開け。
個々の温度感覚で着こなしが選べる・バリエーションが広がるのも秋の楽しみです。

 

夏の半袖しかない選べない季節より「長袖シャツか、ジャケット羽織るか、重ね着か」
みたいな事を考えられる時期の方がお洒落の冒険心も湧きますし、快適です。
真冬になると、数は持っていてもある程度上着が決まってしまいますし。

気温や自分の乗る強度、暑がりか寒がりか、機能を優先しながらも
様々なアイテムを足したり引いたりするのは非常に楽しいですね。
10月は特にいろいろな小物を展開していきたいと思います。

2016.09.13

大人気 GRAIL入荷しております。

IMG_0539[1]imgp2472

つけ心地がよく、ロングランドに相性抜群のグローブ「GRAIL」が入荷しました。

なんといっても、体のバイオメカニズムにのっとたデザインをしている、スペシャライズドお得意のボディージオメトリー製品。

 

このモデルは、パットを増やすことなく、シンプルに手の中央部にパットが備え付けられました。

これにより、グリップやハンドルを握っているときの凹凸が減少し、快適なライディングと反応の良いハンドリングを約束してくれます。

コーナーリングの時、ハンドルとの接地感が高まりハンドル周りのフィーリングが良くなります。

IMG_0540[1] imgp2475

右側の写真は、これからの肌寒い時期に薄手のフルフィンガータイプのグローブです。

ウエアーやフレームの色味と合わせるのもよし、一度試してください。

2016.09.03

CANNONDALE PROCYCLING TEAM ジャージ入荷!

2016 CA エアロレース TEAM 2017CA WEAR3

キャノンデールに乗ってるなら、やっぱりスタイリッシュに着こなしたいものですよね~。

キャノンデールファン待望のレプリカモデルが少量ですが入荷しています!

今回はCannondale pro cycling team が実際に供給されている、エアロレースジャージと

セカンドグレードのレプリカジャージをご用意いたしました。

2017CA WEAR 2017CA WEAR2

キャノンデールグリーンが色鮮やかで、ライドのモチベーションも格段に上がりますね~

で、実際にウエアをまといライドをしてみたところ、その性能の高さにおもわずニンマリ!

とにかくペダリングがしやすい!股関節周りに窮屈な感じが一切なく、ペダリング動作がスムーズにできるのです。

さらにとても涼しい!生地がとても薄く、部分に最適な放熱される工夫が施され、いろいろなシーンでも快適にライドができました!

選手が求める性能を体感できるこのジャージ。いかがでしょうか?

2016.07.15

汗でお悩みの方に!

真夏のライド中、ヘルメットのなかが蒸れてしまいかゆくなったり、汗が滴りサングラスの内側に入り視界が…なんてことありませんか?

それらのストレスを解消してくれるのが、

マヴィックのサマーアンダーヘルメットとローディーキャップです!

IMGP2146

IMGP2144

手前 サマーアンダーヘルメット(フリーサイズ)¥3500-(税抜)

奥 ローディーキャップ(フリーサイズ)¥3750-(税別)

どちらも素材がメッシュなので汗をしっかり吸収し、発散してくれるので熱がこもらずノンストレスでライドに集中することができます!

この季節にどうですか?

  • facebook_logo スタッフの目線 公開中!!
  • 安心サポート
  • images   バイクにまつわる体の悩み、これで解決!
  • 48-43608f23039b045d8fd26770b11ad3aaチーム「GROVE港北」熱いです。
  • メンテナンス オーバーホール お気軽にご相談ください!
  • 採用情報
  • 300x250-RED-WHT-
  • ショップポリシー
  • 自転車購入の流れ
  • イベント
  • カレンダー
  • フォトギャラリー